世界を知れば日本が見える 第6回

「iPhoneなら安全」は間違い! 誰もが注意すべきスマホのセキュリティリスクと対策

アップルのOSに脆弱性が見つかったとの報道がありました。スマホを安全に使うためにできることとは。

iPhoneなら安全は間違い

iPhoneがより安全であるとは言っても、iPhoneを使っているからといってサイバー犯罪などとは無縁というわけではない。
 

例えば、世界的に知られたイスラエルのIT企業NSOが提供する「ペガサス」というスパイウェアは、iPhoneも難なくハッキングしているケースが報告されている。そして遠隔操作や乗っ取りも可能になる。また中国で行われたセキュリティイベントでも、ハッカーがiOSのハッキングに成功したケースが報じられている。
 

iOSもターゲットに(画像はイメージ)

ここまでiPhoneやAndroidのどちらが安全なのかについて見てきたが、そもそも、OSそのものの安全性を語る以前に注視すべき問題もある。
 

どのスマホにも日常的に届く偽のSMS(ショートメッセージ)やフィッシングメールなどは、どんなOSを使っていようが関係ない。届いたメッセージにあるリンクをクリックしてしまって認証情報(IDやパスワード)を入力することで情報が盗まれてしまうケースもあるし、マルウェア(不正なプログラム)に感染してしまい、さまさまな情報などが盗まれてしまう場合もある。
 

クレジットカード番号やオンラインバンキングの情報などすぐに実害が出るような個人情報が漏れてしまう可能性だってある。こうしたサイバー犯罪被害はスマホうんぬんの前に、「人災」とも言えるもので、スマホユーザーなら誰でも引っ掛かる可能性があるものだ。
 

セキュリティ企業のトレンドマイクロは、2021年に「Tianyspy」と呼ばれるマルウェアがiPhoneを狙って使われていたことを報告している。同社によれば、通信事業者を装ったSMSから誘導される偽サイトでマルウェア感染させられるという。
 

さらに配達業者やオンラインショッピングサイトなど多くの人が使うようなサービスを装ってリンクをクリックさせようとするSMSもばらまかれている。


次ページ:スマホを安全に使うには

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】