世界を知れば日本が見える 第5回

なぜ日本が標的に? ロシア系のサイバー攻撃集団「Killnet」の目的とは

行政情報のポータルサイトやニコニコ動画、東京メトロなども標的となった今回の攻撃。一体何が起きているのか、イチから解説していく。

DDos攻撃とは? キルネットの目的は?

DDos攻撃とは?(画像はイメージ)

今回の攻撃はDDos(ディードス)攻撃と呼ばれる手法だった。DDos攻撃というのは決して巧妙なものではなく、それなりに対策をしていれば、市民の生活に多大な影響を与えるようなものではない。システムが破壊されたり、何日もサイトが利用できなくなったりすることもないし、今回被害を受けたような大きな組織なら当然のようにDDos攻撃へのセキュリティ対策も行っているはずだ。
 

DDos攻撃とは、大量のデータを送りつけてサーバに負荷をかけるという昔からあるサイバー攻撃だ。近年では地下サイトなどでDDos攻撃を安価に「購入」できるほどで、「破壊」よりも「嫌がらせ」というイメージでいいだろう。
 

攻撃されると、例えば数時間接続できないといった程度の被害が出る。松野博一官房長官が7日の記者会見で「情報漏えいは現時点でないと説明した」と言うが、DDos攻撃なので、情報が漏えいすることは考えにくい。
 

このキルネットという集団は、おそらく目立ちたいのであろう。その証拠に、同組織のTelegramには、日本でニュースに取り上げられているのを「日本の速報」などと紹介している。キルネットは他の「ハクティビスト(ハッキングとアクティビスト=活動家をくっつけた造語)」などとも連携しながら、ロシア支持を示して注目を浴びるために攻撃を実施しているようだ。


>次ページ:キルネットとはどういう組織なのか

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応