『競争の番人』第8話 坂口健太郎vs小日向文世の対峙シーンに反響「すごい展開」「積年の思いに涙」

8月29日に放送されたドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)第8話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『競争の番人』公式サイト)。

坂口健太郎さん、杏さんのタッグで公正取引委員会の奮闘を描くドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)。8月29日に放送された第8話では、坂口さん演じる小勝負勉の過去と因縁が明らかに。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

競争の番人
画像出典:フジテレビ『競争の番人』公式サイト

 

第8話のおさらい

出向検事の緑川瑛子(大西礼芳)に呼び出された小勝負勉(坂口健太郎)。緑川が検察の保管庫で見つけた15年前の死体検案書は、小勝負の父・小勝負誠(高橋努)についてのもの。そこにはゼネコン大手「ラクター建設」に加えて第六審査室室長・本庄聡子(寺島しのぶ)の名もあり、小勝負は顔を曇らせます。
 

15年前、公取の四国支所にいた本庄は、同僚の三島徹(今井悠貴)とともに建設工事の談合疑惑の調査を担当。関与が疑わしいラクター建設の木下健一(石井正則)から話を聞き、事務所で小さな建設会社「小勝負建設」の調査資料を発見。小勝負建設に出向きますが、社長の誠は談合の件など知る由もない様子。しかし入札から漏れ続けて経営難の中、誠は妻の朋子(遠藤久美子)や息子の勉(市原匠悟)、従業員たちを守るため、木下から持ち掛けられた談合に手を貸してしまいます。
 

一緒に会社を大きくしたいと目を輝かせる息子に対し堂々とありたい――。誠は本庄の一押しもあり談合に加担したことを告白。すると会社には「裏切者」と嫌がらせが殺到し、取引業者も次々と去っていきました。誠は本庄に、談合の背景には国交省の藤堂(小日向文世)が存在していることを告げ、自ら命を絶ちました。
 

そして現在、公取に入り、虎視眈々と藤堂を捕まえる機会を狙う小勝負。しかしラクター建設の談合疑惑での立入調査が、“ある官僚”の圧力により急遽打ち切りに。本庄が藤堂と密会する姿を目撃した小勝負は、本庄にも疑いを持ちます。小勝負は藤堂に直接会いに行き、藤堂を捕まえて談合を止めると宣戦布告を放ちました。
 

小勝負に見知らぬ人物から談合が開かれるという情報が入り、指定された場所へ行くと、覆面の男から刃物で襲われてしまいます。揉みあう中、刺されそうになった藤堂を身を挺してかばったのは本庄で――。

 

競争の番人
画像出典:フジテレビ『競争の番人』公式サイト

 

いよいよ最終決戦⁉ 壮大な展開に期待の声続出

小勝負の過去と藤堂との因縁が明かされ、直接対決の火花が散った第8話。
 

Twitterでは「15年ぶりに藤堂と言葉を交わし、憎しみのあまり涙ぐむ小勝負さん…積年の想いが全てその涙にあらわれてて、見ていて胸が苦しくなる」「ハンカチ案件でした。本庄さん助かって!小勝負くん頑張れ!」「小勝負の過去と執念。それは本庄さんも同じ。ダイロクで頑張ってほしい」「官僚の圧力怖すぎる…。真実が明らかになるにつれ小勝負くんが危険な目に遭うのでは?」「すごい展開になってきてますます面白い!」「もうハラハラドキドキ」など、最終決戦に向けてさまざまな思いが寄せられています。
 

第9話では、本庄が刺され、殺人未遂事件として警察が動き出したため、公取は談合についても警察の捜査が済んでからということに。そんな中、白熊楓(杏)に恋人の刑事・大森徹夜(黒羽麻璃央)から、本庄と藤堂のつながりや、本庄を刺した犯人が、白熊が公取に異動となったきっかけの「ラクター建設」役員殺害の犯人と同一人物である可能性を聞かされます。白熊から情報を聞いたダイロクメンバーは、藤堂と本庄のつながりに疑念を持ち――。小勝負、白熊、そしてダイロクメンバーの最終決戦から目が離せません。

 

『競争の番人』第9話 9月5日放送予告



【バックナンバー】
『競争の番人』第7話 杏“白熊”を見守る仲間たちに感動の声「キャップの導き方が秀逸」「小勝負さん優しい顔」
『競争の番人』第6話 小池栄子vs真飛聖の対決に反響「バチバチ感よかった!」「スッキリした!」の声
『競争の番人』第5話 元“こども店長”加藤清史郎の成長ぶりが話題「立派になって…」「身長差やばい」の声
『競争の番人』第4話 小勝負(坂口健太郎)の弱点判明でネット笑いの渦に「不細工な走り方ツボ」「体育会系を批判しまくってるw」
『競争の番人』第3話 “小勝負”坂口健太郎の記憶力で巨悪に勝利! あのドラマとまさかのキャラ被り?
『競争の番人』第2話 山本耕史の憎たらしさがネットで話題「演技上手いからだよね?」「極悪で面白い」
『競争の番人』第1話 「公取委」が舞台の異色ドラマ好発進! NHK大河『鎌倉殿』『真田丸』を思い出す声も

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは