杏さん×坂口健太郎さんがタッグを組み、公正取引委員会の活躍を描くドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)。8月1日に放送された第4話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

競争の番人
画像出典:フジテレビ『競争の番人』公式サイト

 

第4話のおさらい

小勝負勉(坂口健太郎)、白熊楓(杏)たち公正取引委員会 第6審査室・通称“ダイロク”のメンバーは、世界的な電機メーカー「アレス電機」の優越的地位の濫用を調べることに。室長の本庄聡子(寺島しのぶ)が説明する中、「アレス電機」の役員を見ていた白熊が見覚えのある顔の男がいることに気づきます。それは白熊が強盗殺人事件の捜査中に現場で取り逃がした柴野竜平(岡田義徳)でした。しかし、警察は事件の捜査を中止していました。
 

白熊は今度こそ柴野を捕まえると意気込むも、公取委の身で捜査はできず。本庄は、重大事件が関わっている以上、公取委での捜査はできないと言います。この件は公取委から離れたと思いきや、緑川瑛子(大西礼芳)が白熊の情報を警察に伝えるも警察は動かず、独自に動いた検察も上層部に止められます。本庄は「アレス電機」の優越的地位の濫用、いわゆる下請けいじめについての調査開始を告げます。
 

ダイロクのメンバーたちは「アレス電機」の下請け会社に聞き取りを行います。するとどの会社も不満は感じている様子なのに、返答は待ってほしいと回答。小勝負は「丸川製作所」の丸川俊春社長(吉沢悠)だけは「困ったことはない」と断言したことに違和感を覚えます。そんな中、下請け30社が足並みをそろえて「調査は不要」とのメールを送ってきました。丸川が中心になって下請け会社を取りまとめていることが判明。丸川は柴野と中学時代の野球チームの仲間でした。
 

そんな中、公取委に柴野がやって来ます。すべては下請け会社側が自ら言い出したことだと、証拠となる念書を出してきます。その内容はすべて「アレス電機」にメリットしかないもので、とても下請け会社から言い出したとは思えないと小勝負。一方、白熊のことを思い出した柴野に対し、頭に血がのぼった白熊は刑事が取り調べをするような物言いで詰め寄り、緑川や検察側からお叱りを受けてしまいました。
 

小勝負は丸川が「アレス電機」に加担しているというロジックで「丸川製作所」への立入検査を行うと言い出します。立入検査の結果、丸川が他の下請け会社の負担を減らすために、自社だけが価格を下げる交渉に応じ続けていた証拠を発見。小勝負はその事実を下請け会社の社長たちに知らせ、「アレス電機」の不正を正すため立ち上がるように促します。丸川もまた、小勝負の「本当の仲間は間違ったことをしたら正す」という言葉と、下請け会社たちの仲間意識に心を動かされ、公取委への協力を決めるのでした。
 

下請け会社30社から証言をとり直し、「アレス電機」への立入検査の準備をすすめる中、下請け会社の中の1社が突然「アレス電機」から契約を切られてしまいます。優越的地位の濫用の解除命令が下れば、再契約もできるはずだと白熊。しかし、検察庁幹部の六角洸介(加藤清史郎)の父・敦夫(羽場裕一)がやって来て、立入検査に待ったをかけ――。

 

競争の番人
画像出典:フジテレビ『競争の番人』公式サイト

 

体育会系を揶揄する運動苦手な小勝負がキュート

公取委に飛ばされた元凶でもある柴野の事件ということで、憎き敵を相手にいつも以上に力の入る白熊。野球チームや“仲間”という言葉がキーになった第4話では、記憶力は抜群に高い小勝負が運動音痴であることも判明しました。
 

Twitterでは「小勝負さんが白熊さんに『運動が苦手ですよね』って言われたあとの誤魔化しと不細工な走り方ツボ」「今日の小勝負クンは体育会系を批判しまくっているところが可愛かった」「仲間と協力しあってピンチを乗り越える“体育会系”な感覚が好きじゃなさそうな小勝負だけど、なんだかんだ最後には自分と違った白熊の考え方を取り込んで解決に導く。この2人、やっぱりいいバディ」などの声が上がっています。
 

また、「そろそろ白熊ちゃんの活躍する場面も見たいなぁ。今のままだとバディものというより"小勝負くんとダイロクの仲間達"みたいになっちゃう」「白熊にしかない魅力が公取で活かされる様子があったほうが、物語に深みと面白さが増すんだが」「白熊はいつもやらかすな。そういう役割なんだろうけど、イラっとしてしまうのは何でだろう」など、白熊の爽快な活躍を期待する声も。
 

「アレス電機」への立入検査をめぐり、対立する公取委と検察。極秘なはずの立入検査日の情報が、なぜ検察に漏れたのか疑う桃園。日程を知っていて検察とつながりのある人物とは――? そんな中、「アレス電機」は下請け30社にスケジュールも金額もさらに厳しくなった発注書を出し、白熊は公取に協力した報復を疑います。小勝負や白熊、ダイロクのメンバーたちがどんな手で闘っていくのか注目です。
 

『競争の番人』第5話 8月8日放送予告



【おすすめ記事】
『競争の番人』第3話 “小勝負”坂口健太郎の記憶力で巨悪に勝利! あのドラマとまさかのキャラ被り?
『競争の番人』第2話 山本耕史の憎たらしさがネットで話題「演技上手いからだよね?」「極悪で面白い」
『競争の番人』第1話 「公取委」が舞台の異色ドラマ好発進! NHK大河『鎌倉殿』『真田丸』を思い出す声も
坂口健太郎、31歳の最新ショット! 「31歳には見えないくらい、相変わらずかっこいいです」「かわいすぎ!!」
綾瀬はるか、次の“月9主人公”杏とツーショットに「推し×推しは天才すぎる」「2大女優揃い踏みとは…」