『競争の番人』第2話 山本耕史の憎たらしさがネットで話題「演技上手いからだよね?」「極悪で面白い」

7月18日に放送されたドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)第2話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『競争の番人』公式サイト)。

杏さん×坂口健太郎さんのタッグで公正取引委員会の奮闘を描くドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)。7月18日に放送された第2話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

競争の番人
画像出典:フジテレビ『競争の番人』公式サイト

 

第2話のおさらい

小勝負勉(坂口健太郎)、白熊楓(杏)ら公正取引委員会・第六審査、通称ダイロクのメンバーは、「ホテル天沢」のウエディングカルテルを追っていました。小勝負たちは花屋に対する納入業者いじめにも気づきますが、専務・天沢雲海(山本耕史)のガードは固く、証拠を掴めずにいました。さらに雲海はマスコミに対し、花屋6店舗のほうが不正を行っておりホテルはむしろ被害者だと訴えます。
 

納入業者いじめの調査は年末までで終了との通達を受ける中、六角洸介(加藤清史郎)が「ホテル天沢」のホテル長・長澤(濱津隆之)が退職したという情報を持ってきます。小勝負と白熊は長澤の自宅を訪れますが、長澤は何も話そうとしません。
 

白熊は単独で花屋いじめに苦しむ「フラワーショップ石田」を訪れます。殺人未遂の容疑者となった夫に代わり店を守る七瀬(野村麻純)を勇気づけようとする白熊は、店に違法植物が置いてあるのに気付きます。すぐに警察に連絡して売却分を回収するようアドバイスしますが、七瀬は黙っていてほしいと懇願。しかし何者かが通報し、七瀬は白熊を裏切る行動に出ます。
 

近隣の花屋による結託は証拠があがり、解除措置命令が下されました。小勝負は白熊を連れ出し、新規参入の花屋が公平に戦えるようになった姿を見せます。さらに長澤と七瀬の元を訪れ、声を上げるように促す小勝負。調査終了まであと少しというところで、長澤が納入者いじめの中心人物はブライダル部門長の碓井(赤ペン瀧川)であると話しにやって来ました。
 

天沢の不在時ならホテル長の許可で立入検査が可能。ダイロクは急ぎ準備に走ります。そして翌日のクリスマスイブに立入検査へ。納入業者いじめの証拠を入手した小勝負たちが、白状するよう碓井を説得しているところに天沢が戻ってきました。天沢はすべてを碓井になすりつけ、部下の不正が見つかって良かったとうそぶいて余裕を見せます。
 

ウエディングカルテルの証拠は見つからずじまいでしたが、「これで一勝。まだ諦めていない」と天沢に宣言する小勝負。その翌日、長澤からカルテルの証拠の隠し場所がわかったから案内すると呼ばれた小勝負と白熊は、ケータイを預けたまま部屋に閉じ込められてしまいます。それは天沢による罠で――。

 

競争の番人
画像出典:フジテレビ『競争の番人』公式サイト

 

雲海役・山本耕史の演技力にネット絶叫「憎たらしい」「極悪で面白い」

「弱っている時にこそ現実を見つめなきゃいけない」「踏みつけてくる相手に対して怒れなくなったらそれで終わり」「人には怒らなきゃいけない時がある」など、小勝負の言葉がじんわりと胸に響いた第2話。
 

Twitterでは「今週もハラハラドキドキの展開…。長澤さん、寝返ったのか〜(涙)山本耕史が憎たらしいのは上手いからだよね?」「山本耕史くんがめちゃくちゃ極悪で面白い!味方になったかと思いきや再び寝返ってた展開も面白い!」「雲海は手強い!来週はスカッとさせてくれるはず」「雲海は今日で終わりだと思ったらつづく…クソおおおお!ギャフンと言わせてくれダイロク!このチーム好きよ。信じてるよ」「自由で公正な競争がどれほど重要なものか。それを市場において担保するのはほんと大変なことなんだということを実感した。それでも強者に臆せず不正に立ち向かってく彼らはほんとかっこいい」などの声が上がっています。
 

第3話では、天沢の罠にはまり監禁されてしまった小勝負と白熊が、ウエディングカルテルの証拠となる記録を見つけます。天沢が公取の違法調査だとマスコミに訴える中、フラワーショップ石田の夫婦が公取を訪れ――。ダイロクメンバーたちは強敵・天沢の不正の証拠を見つけ出し、断罪することができるのでしょうか? 恋人とのデート当日に監禁されてしまった白熊がどんな行動に出るのかにも注目です。
 

『競争の番人』第3話 7月25日放送予告



【おすすめ記事】
『競争の番人』第1話 「公取委」が舞台の異色ドラマ好発進! NHK大河『鎌倉殿』『真田丸』を思い出す声も
「主演俳優に期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『六本木クラス』、2位『石子と羽男』、1位は?
綾瀬はるか、次の“月9主人公”杏とツーショットに「推し×推しは天才すぎる」「2大女優揃い踏みとは…」
坂口健太郎、31歳の最新ショット! 「31歳には見えないくらい、相変わらずかっこいいです」「かわいすぎ!!」
「期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『パパとムスメの7日間』、2位『オールドルーキー』、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」