「期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『パパとムスメの7日間』、2位『オールドルーキー』、1位は?

All About編集部は「期待している夏ドラマ」に関するアンケート調査を実施。その結果を紹介します。

「期待している夏ドラマ」ランキング1位は?

2022年の夏も話題のドラマが目白押し! 見たいドラマが多すぎて困っていませんか? 
 

All About編集部は6月30日~7月4日、全国348人を対象に「期待している夏ドラマ」に関するアンケート調査を実施。その結果をランキング形式で紹介します。
 

3位:『パパとムスメの7日間』(TBS系)

3位には、『パパとムスメの7日間』(TBS系)令和版がランクイン! 2007年に新垣結衣さん主演で大ヒットした同名ドラマのリメイク。主人公・川原小梅役に抜擢されたのは、「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」で初代グランプリとなった飯沼愛さん。小梅はサッカー部のエース・健太(なにわ男子・長尾謙杜)に思いを寄せているものの、うまく自分を出せない日々を送っています。そんなある日、父・川原恭一郎(眞島秀和)と体が入れ替わってしまうのです!皮肉にも、中身が父親の小梅にどんどん惹かれていく健太。この恋の行方は一体……?
 

回答理由に「前回も見ていたドラマで、令和版ということで、どんな感じになっているのか楽しみ」「新しいキャストで新シリーズは楽しみ。名作だと思っていたので嬉しい」「新垣結衣さんと舘ひろしさんが演じていたときのドラマが好きで毎週見ていたので、どんな感じでリメイクされているのか楽しみだからです」などの意見が挙がりました。
 

2位:『オールドルーキー』(TBS系)

2位に選ばれたのは、日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系)。主演は人気絶頂の俳優・綾野剛さん。綾野さん演じる主人公・新町亮太郎は、元プロサッカー選手。日本代表にまで上り詰めたものの、怪我のためあえなく引退。サッカー以外のスキルが全くない亮太郎。しかし底抜けに明るい性格で、“スポーツマネージメント会社「ビクトリー」”でセカンドキャリアに踏み出すことを決意。サッカー選手であることを誇りに思ってくれている娘たちのために、亮太郎はあらたな挑戦に挑んでいきます。夢破れてもなお、あきらめずに人生を生きようとする姿を描いた物語です。
 

回答では「主人公がひたむきに頑張る姿に感動と勇気をもらえそうだから」「サッカー好きで見始めました。突如サッカー選手を引退し、第2のキャリアをどう送っていくのか楽しみです」「綾野剛の世間知らずだけど一生懸命な姿を見てみたいからです」などの声が聞かれました。
 

1位:『六本木クラス』(テレビ朝日系)

そして1位に選ばれたのは、豪華俳優陣で贈る超話題のドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)でした! 大ヒット韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本オリジナル版です。絶対権力に立ち向かおうとする主人公・宮部新を演じるのは、俳優・竹内涼真さん。父子家庭で育った高校生の新。父の栄転にともない転校した先で、巨大外食産業「長屋ホールディングス」の跡取り息子が引き起こした事件により、絶望の淵に立たされることに。誓った目標は、この息子に罪を償わせ、息子を庇うため事件をもみ消した長屋ホールディングス会長に土下座をさせること。はたして新の復讐劇の結末は……?
 

挙げた理由に、「梨泰院クラスのリメイク版なので、日本ではどのように描かれるのか注目しているし、楽しみにしています」「出演している俳優が好き。内容もおもしろそうで楽しみ」「演技力のある俳優が出てるし、ストーリーも面白そうだから」などの声が寄せられました。


>15位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「主演俳優に期待している夏ドラマ」ランキング! 3位『六本木クラス』、2位『石子と羽男』、1位は?
夏ドラマ期待度ランキング! 2位は『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』、1位は?
『六本木クラス』第1話 梨泰院ファン納得の好スタート「バカ息子忠実に再現」「清々しいほど原作通り」
『オールドルーキー』第1話 綾野剛の快進撃に期待! アスリートゲスト出演にも注目
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化