『競争の番人』第5話 元“こども店長”加藤清史郎の成長ぶりが話題「立派になって…」「身長差やばい」の声

8月8日に放送されたドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『競争の番人』公式サイト)。

杏さん、坂口健太郎さんの凸凹コンビが公正取引委員会を舞台に活躍するドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)。8月8日に放送された第5話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

競争の番人
画像出典:フジテレビ『競争の番人』公式サイト

 

第5話のおさらい

「アレス電機」の下請けいじめを調査する小勝負勉(坂口健太郎)、白熊楓(杏)らダイロクは、下請け業者をまとめていた丸川俊春(吉沢悠)の協力を得ることに成功。いよいよ「アレス電機」への立入検査が行われようとした時、六角洸介(加藤清史郎)の父親で検事の敦夫(羽場裕一)が検査をストップするよう“お願い”に現れました。アレス電機役員・柴野竜平(岡田義徳)の横領疑惑で捜査を進めるという敦夫に対し、本庄室長(寺島しのぶ)は検察の捜査の邪魔はしないと断ります。
 

数日後、「アレス電機」へ立入検査に出向いた公取。しかし、検察が踏み込んできて資料などを差し押さえてしまいます。ダイロクが入手できた資料はごくわずかなもの。そんな中、下請け30社にスケジュールも厳しく価格もさらに下げられた発注書が届きます。ダイロクメンバーは解除措置命令が出れば改善されるはずだと説得しますが、検察の強制捜査では横領の証拠は出ず、下請け業者たちの不安は募るばかり。
 

公取にできることはもうないと諦める六角。しかし諦めず再度の立入検査で入手した資料を読み込む小勝負たちを前に、六角は自身が父へ立入検査の日取りをリークしたと自白します。検察志望だった六角は、情報と引き換えに検察に入れてやると言われ従ってしまったのでした。ダイロクの仲間たちの諦めない姿に感化された六角は、検察へ行く話を断り、公取で一人前の審査官になる道を選びます。
 

下請けいじめの証拠は見つからなかったものの、下請け30社への評価が契約していない下請けに比べて格段に高いことに気づいた小勝負。下請け業者の社長たちへ、自信を持って契約見直しの交渉をするように告げます。小勝負の言葉に考えを改めた下請け業者たちの交渉を拒否する柴野。しかし、丸川が「仕事でトップをとる」という柴野との夢を忘れず、下請け業者たちを必死で引き留める姿を見た柴野は、これまでの非を認め謝罪し、契約も見直しすると宣言しました。
 

一方、小勝負が資料から見つけた横領事件の手がかりをキッカケに、検察が追っていた横領事件も解決。しかし犯人は柴野の部下で、白熊が刑事時代に追っていた強盗殺人事件にも柴野は関係していないことが分かりました。強盗殺人事件については結局何も分からずじまい。しかしその事件が国の根幹を揺るがす闇につながっていることは、この時まだ白熊や小勝負たちは知る由もなかったのです。

 

競争の番人
画像出典:フジテレビ『競争の番人』公式サイト

 

元“こども店長”加藤清史郎さんの活躍が話題

「どうしてそんなに頑張るんですか」という六角の問いに、「不正を見過ごしていたら、それはどんどん広がっていく。その前に止めないといけないから。警察や検察と違って、俺たちは目に見えないもっと大きなものを相手にしている」と返した小勝負の言葉に胸を打たれた第5話。
 

Twitterでは加藤清史郎さん演じる六角洸介に対するコメントが続出。「六角くんはやっと父親からの呪縛が解けて良かったね」「犯罪者を裁く父親の姿を見て誇りには思ってきただろうし。ただ憧れをプレッシャーが超えちゃって苦しかったんだろうな。それで公取にいる自分に意義を見出せず卑下してたのかも」「検察に呼んでやるって父親に言われても、司法試験に受かってないから検事になれるわけでもないだろうに。それでも検察庁の方が“格が上”なのかな」「こども店長、立派な大人になったな」「小勝負くんと六角くん、並ぶと身長差やばい」「杏さんとの身長差…」などの声が上がっています。
 

第6話は聴取を得意とする桃園にフォーカスされる回。ダイロクメンバーたちは新たに、大手呉服店「赤羽屋」による私的独占の調査に乗り出します。他事業者の参入を妨害、排除するなどして至上の競争を制限する行為を行っているのは、「赤羽屋」社長・赤羽千尋(真飛聖)。千尋と桃園千代子(小池栄子)には何やら因縁があるようで――? 白熊と小勝負、桃園のかけあいに注目です。
 

『競争の番人』第6話 8月15日放送予告



【おすすめ記事】
『競争の番人』第4話 小勝負(坂口健太郎)の弱点判明でネット笑いの渦に「不細工な走り方ツボ」「体育会系を批判しまくってるw」
『競争の番人』第3話 “小勝負”坂口健太郎の記憶力で巨悪に勝利! あのドラマとまさかのキャラ被り?
『競争の番人』第2話 山本耕史の憎たらしさがネットで話題「演技上手いからだよね?」「極悪で面白い」
『競争の番人』第1話 「公取委」が舞台の異色ドラマ好発進! NHK大河『鎌倉殿』『真田丸』を思い出す声も
坂口健太郎、31歳の最新ショット! 「31歳には見えないくらい、相変わらずかっこいいです」「かわいすぎ!!」
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が、物語の「制約」を灰原哀の「居場所」へ昇華させた傑作である5つの理由