『競争の番人』第7話 杏“白熊”を見守る仲間たちに感動の声「キャップの導き方が秀逸」「小勝負さん優しい顔」

8月22日に放送されたドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)第7話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『競争の番人』公式サイト)。

杏さん、坂口健太郎さんの凸凹コンビを中心に、公正取引委員会の活躍を描くドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)。8月22日に放送された第7話では、杏さん演じる白熊楓が初めて単独で案件を担当し一人前に成長しました。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。
 

競争の番人
画像出典:フジテレビ『競争の番人』公式サイト

 

第7話のおさらい

白熊楓(杏)は公正取引委員会 第六審査室キャップの風見慎一(大倉孝二)から1人で調査案件を担当してみないかと聞かれます。今まで一緒に担当していた小勝負勉(坂口健太郎)は第一審査局の応援要請で建設会社の談合案件の手伝いに行っていました。小勝負が「白熊さんにはまだ早い」と言っていたと聞いた白熊は、この案件を無事に解決して小勝負を見返すと張り切ります。
 

調査案件は大手通販サイト「三ツ星マーケット」の自社オリジナルブランド「アンカレント」の再販売価格維持。三ツ星マーケット社長の山辺純次(姜暢雄)かブランド事業部長の黒崎美佐子(雛形あきこ)の指示であることが疑わしい中、白熊は調査を進めます。そんな中、白熊はアパレル会社「ワンソーイング」のブランド事業部で販売不振に悩んでいる館山留美(夏子)から声をかけられます。不正が暴かれたら自社製品も客に選んでもらえるようになるとこぼしていた留美は、販売不振が原因で退社に追い込まれます。
 

「三ツ星マーケット」の立入検査を行った白熊に対し、美佐子は値引を禁止するメールの差出を認め、山辺も調査に協力的な姿勢を見せます。さらに、これ以上調査をするようなら国家賠償請求を申し立てるという抗議書が届き、上からは調査を打ち切りにするようお達しが。しかし白熊は諦めきれず、風見に頼み込んで調査を続行。三ツ星マーケットには再販売価格維持以外にもランキングを操作している疑いが浮上し、美佐子に聴取を実施します。
 

三ツ星マーケットに入った時期から「アンカレント」の評価は下がっており、ネガティブなコメントは非表示にされていました。現状に納得していない美佐子の心に響く聴取を行い、山辺がランキング操作を行っていると聞き出した白熊。聴取を別室のモニターで見守っていた風見は、白熊の聴取を「小勝負君みたい」と評しつつ、桃園千代子(小池栄子)、六角洸介(加藤清史郎)とともに白熊の独り立ちを労うのでした。

 

競争の番人
画像出典:フジテレビ『競争の番人』公式サイト

 

白熊の初の単独案件を見守るダイロクメンバーに心温まる

白熊の聴取を部屋の外でこっそり聞いていた小勝負。白熊が美佐子を落とすと、小勝負の口元がほころびました。
 

Twitterでは「ビジネスドラマとしても面白い。警察ではないけれど企業の不正を暴いていく、というところもスリリングで良い!」「杏ちゃんのはきはきした演技がかっこいい」「杏さん、目力すごい。雛形あきこさん、やっぱりオーラがある」「今回の話はすごくリアル。アパレルの闇だわ」「小勝負さんの出番が少なかったけど、それによりラストの展開が際立った気がする」「白熊を見守る小勝負さん、優しい顔。一番のお気に入りシーン」「風見さんの白熊の導き方が秀逸!」「風見さん癒しキャラで好き」などの声が上がっています。
 

第7話のラストでは、白熊が独り立ちしてから半年後に、小勝負が公正取引委員会に入った理由や談合事件の手伝いに積極的に参加した目的が示唆されるシーンが描かれました。小勝負が抱える因縁には第六審査室室長・本庄聡子(寺島しのぶ)も関わっている様子。
 

第8話では、いよいよ小勝負の過去が明かされます。小勝負と本庄、そして国土交通省事務次官・藤堂清正(小日向文世)の因縁が明らかに。白熊をはじめとするダイロクのメンバーたちがどう関わっていくのかにも期待です。

 

『競争の番人』第8話 8月29日放送予告



【バックナンバー】
『競争の番人』第6話 小池栄子vs真飛聖の対決に反響「バチバチ感よかった!」「スッキリした!」の声
『競争の番人』第5話 元“こども店長”加藤清史郎の成長ぶりが話題「立派になって…」「身長差やばい」の声
『競争の番人』第4話 小勝負(坂口健太郎)の弱点判明でネット笑いの渦に「不細工な走り方ツボ」「体育会系を批判しまくってるw」
『競争の番人』第3話 “小勝負”坂口健太郎の記憶力で巨悪に勝利! あのドラマとまさかのキャラ被り?
『競争の番人』第2話 山本耕史の憎たらしさがネットで話題「演技上手いからだよね?」「極悪で面白い」
『競争の番人』第1話 「公取委」が舞台の異色ドラマ好発進! NHK大河『鎌倉殿』『真田丸』を思い出す声も

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化