「あの子、死んだ?」と言い放った中3不登校女子に教えてあげたいこと

2022年8月20日、中学3年生の少女が東京都渋谷区の路上で面識のない母娘に重傷を負わせる事件が発生。「予行練習のため」「あの子、死んだ?」など、陳腐でキャッチーな少女の言葉に垣間見る「殺人や傷害がエンタメ化する時代」を、コラムニスト・河崎環が考察します。

 

殺人や傷害事件がエンタメ化する社会

もしかしたら、「またか」と思った人も多かったのかもしれない。事件当初、少女は「死刑になりたかった」との、もはやお決まりの文句を口にしたと報じられた。夏休みも終盤の8月20日土曜日、埼玉県戸田市の中学3年生の少女が、東京都渋谷区の井の頭線神泉駅近くの路上で偶然通りかかった面識のない母娘に包丁を振りかざして襲い掛かり、重傷を負わせるという事件が起きた。
 

事件の発生場所が円山町と聞いて、東電OL殺人事件を思い出す人ももちろんいただろう。人気のない暗がりの路地裏には、同じように負の感情を持った人間たちが溜まり、潜みやすい、ということなのか。あの土地には何かある、事件の怨念が孤独や寂しさを引き寄せた、などとうれしそうに言いたがる人もいるだろう。
 

この事件の極め付けは、目撃者の証言から、少女が路上に無抵抗で取り押さえられながらぼんやり空を見つめて言ったという「あの子、死んだ?」の言葉だ。マスコミ各社がすぐに「これだ」とタイトルに採用して配信したり放送したりするほど、何よりもキャッチーだった。
 

だが、何か事件があるたびにそういったエモくてキャッチーなものが人目を引き、容疑者側がそれを学習して期待に応えるかのように口にする、陳腐なドラマめいた分かりやすいセリフに「共感」する人々が湧く近年のパターンを、筆者は「殺人や傷害事件のエンタメ化」と感じて憂慮している。
 

>次ページ:「予行練習のため」「あの子、死んだ?」分かりやすくキャッチーな少女の言葉には……
 

【おすすめ記事】
恋する「山上ガールズ」出現で波紋…“不遇の秀才”山上容疑者に共感する人が続出するワケ
「毎日かあさん」西原理恵子さんの娘による”毒親告発”で、日本の子育てSNS界隈が凍りついた件
安倍元首相銃撃事件、41歳容疑者が手製銃に込めた新宗教への憎悪と人生のルサンチマン
夏休みが終わり、子どもが自殺する“無念”を繰り返さないために、大人は何ができるか?
親に向いていない…? 不安定な母親に育てられる子どもたちの受難

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽