「京大にも行けたかもしれないのに、非正規労働者」不遇の秀才に共感する人々

彼は唾棄すべき狂気の暗殺者か、それとも「弱者の時代」の英雄なのか。
 

奈良県・近鉄大和西大寺駅前で安倍晋三元首相を襲い、命を奪った凶弾。その引き金を引いた「暗殺者」である山上徹也容疑者の事情や背景が明らかになるにつれ、事件に対する世間の論調は当初の「民主主義を守れ」「私たちは暴力に屈しない」などといった政治テロとしての捉え方から一転した。
 

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に家庭を破壊され、本来だったら約束されていたであろう未来を潰され、自分の高い能力を活かせるチャンスを奪われ人生を台無しにされた、「宗教と家族問題の犠牲者による復讐劇」という見方。週刊文春は山上容疑者の伯父へ取材して生い立ちの無念をつぶさに追い、朝日新聞は山上容疑者と同じように新興宗教を熱心に信仰する親の下で育った「宗教2世」の悔恨を特集するなどし、山上容疑者個人の悲しい背景に共感する人も続出している。山上容疑者の思考の飛躍であるとの指摘も依然重要だが、故・安倍晋三氏をはじめとする政界と旧統一教会の「真の関係」追及にも、マスコミは手を緩めない。
 

これまで明らかになったところでは、山上容疑者は「不遇の秀才」だ。京大工学部卒の父と建設会社令嬢の母のもとに次男として生まれるが、母の実家が経営する建設会社へ就職した父はアルコール中毒とDVで暴れ、山上容疑者が4歳の時に自殺。長男と山上容疑者、長女の3人の子どもを連れて実家へ戻った母は、片親での子育てに加えて長男の小児がんが判明するなどの苦難もあったためか、旧統一教会への傾倒を深め、正常な判断力を失っていった。
 

母親が預金や子どもたちの進学資金、自宅など財産を根こそぎつぎ込んだ献金額はトータルで1億円以上と言われており、山上容疑者は奈良県でも有数の進学校、県立郡山高校を卒業しながらも、家に食べ物がないほどの理不尽な経済苦のために大学進学を断念する。弁護士である父方の伯父は「あの子だったら、父親と同じように京大にも行けただろう」と語ったと伝えられており、その後山上容疑者がたどった、任期制自衛官(任期満了金が支給される)として海上自衛隊に所属し、任期中に「自分の死亡保険金が兄と妹の生活費になれば」と自殺未遂、そして小児がん治療によって失明していた兄が自殺するという壮絶な道のりを考えれば、「旧統一教会によって家庭がめちゃくちゃにされた」との山上容疑者の主張に同情しないわけにはいかない。
 

母親の新興宗教への過度な傾倒による理不尽な経済苦と、よりによって自分を産んだ親に人生の可能性の芽をことごとく摘まれ潰される紆余曲折。大人になればなるほど、人生の出口が見えてくればくるほどに濃度を増していく悔しさと、新興宗教への恨み。折しも、その時代背景は日本の「失われた20年」と軌を一にしており、自己実現の困難の末、40代で非正規労働者として暮らしていた山上容疑者に共感する人が続出。山上容疑者のものと見られていた匿名ツイッターアカウントは瞬く間に4万人近くものフォロワーがつき、「よく頑張った」「あんたは英雄だ」「ありがとう」「応援している」などのリプライが次々と書き込まれた(現在は閲覧不可能)。
 

>次ページ:「塩顔イケメン」「筋肉がいい」山上ガールズまで出現!「弱者の英雄」に世論は…


【おすすめ記事】
安倍元首相銃撃事件、41歳容疑者が手製銃に込めた新宗教への憎悪と人生のルサンチマン
「中絶合憲」判決を覆した米国が落ちていく、想像以上に暗く深い闇
「毎日かあさん」西原理恵子さんの娘による”毒親告発”で、日本の子育てSNS界隈が凍りついた件
芦田愛菜ちゃんは本当に慶應医学部へ行くの? 慶應女子高OGが明かす「内部進学」の壮絶バトル
参院選に投票しなかった理由、2位は「支持したい政党がなかったから」 1位は?