ここがヘンだよ、ニッポン企業 第1回

「不祥事ドミノ」のスシローは、「異物混入」が続いた時のマクドナルドとよく似ている

スシローの不祥事が話題となっているが、かつてマクドナルドでも期限切れ食材や異物混入などの問題が相次いだ過去がある。なぜ「外食」はこのような「不祥事ドミノ」が続いてしまうのだろうか。

マクドナルドがV字回復できたワケ。スシローは……

その1つの要因として知られるのは、「賃上げ」だ。業績が低迷する中で、従業員の給料アップに踏み切ったのである。
 

では、それを踏まえてスシローを見てみよう。回転寿司チェーンの中でも「飛ぶ鳥を落とす勢い」というイメージが強いだろうが、実は今、彼らなりに「苦しい戦い」を強いられている。
 

2022年9月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比34%減の87億円になる見通しだとして、2021年11月に発表した従来予想の120億円から大幅に下方修正しているのだ。
 

これは、夜間を中心に客足の戻りが鈍く、前期よりも水産物の仕入れコストが上がっているからだという。

大幅な下方修正を発表するも「低価格路線」を続けるスシロー

そんな逆風の中でもスシローは「低価格路線」を続けている。世界的な物価高騰や水産物不足にもかかわらず2022年10月までは「100円」という低価格をキープ。問題になった「おとり広告」でも、一般の寿司店が価格高騰などで品切れを発表している「うに」を110円(税込)で販売するなど「安売り」を続けている。


>次ページ:スシローが今やるべきは
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】