ここがヘンだよ、ニッポン企業 第1回

「不祥事ドミノ」のスシローは、「異物混入」が続いた時のマクドナルドとよく似ている

スシローの不祥事が話題となっているが、かつてマクドナルドでも期限切れ食材や異物混入などの問題が相次いだ過去がある。なぜ「外食」はこのような「不祥事ドミノ」が続いてしまうのだろうか。

「ハンバーガー100円に値下げするんなら……」

2014年、マクドナルドは大幅「値下げ」を実施

この近年の業績をみると、売上高のピークは2008年度の4064億円、営業利益のピークは2011年度の282億円強でその後は2期連続減収減益となるので完全にマイナストレンドにあった。そんな消耗戦に拍車を掛けたのが、「値下げ」だ。
 

2014年4月、消費税率が5%から8%に上がったタイミングで、マクドナルドはハンバーガー120円を100円と大幅に値下げをした。チーズバーガーも150円から133円、人気の「100円マック」も据え置きなので実質値下げだった。
 

これは消費者にはうれしいが、現場からすればかなりモチベーションが下がるだろう。消費税が3%上がるのだから当然、従業員やバイトの生活費は3%苦しくなる。しかし、マックでは税が上がっている中で、幅広い製品で価格を下げるのだからかなり「企業努力」をしなくてはいけない。当然、「消費税が上がったので賃金も上げますね」とはならない。
 

収入が安定している社員従業員ならばいざ知らず、日本全国のマクドナルド店舗で働いていたパートやアルバイトの皆さんはきっとこんな釈然としない不満を抱えていたはずだ。
 

「ハンバーガー100円に値下げするんなら、俺たちの時給をあげてくれよ。消費税アップで生活が苦しいんだから」
 

このような「低価格路線」による現場のモチベーション低下が、相次ぐ異物混入につながった可能性はないだろうか。実際、この不祥事ドミノの影響でマクドナルドは2016年に過去最大の赤字に転落するのだが、そこからV字回復をする。


>次ページ:マクドナルドがV字回復できたワケ。スシローは……
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」