ここがヘンだよ、ニッポン企業 第4回

「スシロー」「くら寿司」が値上げの中、「かっぱ寿司」が「100円皿」を30商品増やしたワケ

「一皿100円」のメニューを新たに30商品追加すると発表した「かっぱ寿司」。「スシロー」「くら寿司」が相次いで「脱100円メニュー」へとかじを切っている中、あえて「逆張り」の戦略を取る理由とは……。

「一皿100円」メニューの追加を発表した「かっぱ寿司」

円安や世界的な原料価格の高騰を受けて、回転寿司チェーンのツートップ「スシロー」「くら寿司」が相次いで「脱100円メニュー」へとかじを切る中、「かっぱ寿司」の「逆張り」が注目を集めている。
 

9月14日から、「一皿100円」(税込110円)のメニューを新たに30商品追加すると発表したのだ。これで「かっぱ寿司」の100円メニューは計84商品(西日本では83商品)となる。
 

食品や電気代などが続々と値上げを発表し、消費者側も「嫌だけどしょうがないか」と受け入れつつある今の時代に対し、背を向けた形だ。
 

では、なぜ「かっぱ寿司」はこのタイミングで「100円メニュー充実」という逆張りに動いたのか。まず、大きいのは「2強」と同じことをしても「差」が開いていってしまうだけ、ということがある。
 

不祥事が発覚してもビクともしない「スシロー」「くら寿司」

「スシロー」は2022年6月に「おとり広告」問題が発覚してマスコミでも大きく取り上げられ、その後も広告で紹介しているキャンペーンが行われていないなどの不祥事が多発した。
 

一方、「くら寿司」も4月、山梨県の店舗の駐車場で、店長が焼身自殺をしたことが報道された。この店長は上司からパワハラを受けて悩んでいたとして自殺との関係が指摘され、ブランドイメージが失墜した。
 

普通に考えれば、これらの不祥事で業績が多少なりとも影響を受けそうものだが、今の「2強」はこの程度のことではビクともしない。


>次ページ:2強の決算が好調の中、「かっぱ寿司」は……

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望