恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」 第104回

みどりの窓口に頼るしかない…JRのお得なきっぷが「ネット予約ではハードルが高い」3つのケース

JR「みどりの窓口」の混雑ぶりが報道されている。日本人の旅行者のみならず、訪日外国人の増加、さらには人員や経費削減のために窓口の閉鎖が相次ぎ、混乱に拍車をかけているという。できれば長蛇の列に加わりたくない、何か良い知恵はないだろうか?

混雑が報じられているJR「みどりの窓口」
混雑が報じられているJR「みどりの窓口」
短距離の移動は大都市圏に関する限り、Suica、ICOCA、TOICA、SUGOCAなどのICカード乗車券の普及により、事前にきっぷを購入することはまれになった。改札機にICカード(あるいはモバイル用ICカードを内蔵したスマートフォン)を直接タッチすることにより、ストレスなく乗車、下車できる。従って、事前にきっぷを購入するのは、長距離列車に乗車するときであろう。

東海道、山陽、九州新幹線の指定券は「エクスプレス予約」が便利

東海道新幹線
京都市内を走る東海道新幹線
JRによる長距離移動で多くの人が利用するのは、新幹線であろう。今では新幹線も多方面に路線が延びている。その中で最も利用が多いのは、東海道新幹線とそれに続く山陽新幹線、九州新幹線だ。

このルートに関しては、JR東海エリアを中心に普及している「エクスプレス(EX)予約」というサービスがある。事前にインターネット予約をすると、原則、専用のカードを改札機にタッチすることにより、列車に乗車、そして下車できる会員制のサービスだ。 
エクスプレス予約の会員カードと改札機にタッチすると発券される利用票
エクスプレス予約の会員カードと改札機にタッチすると発券される利用票
年会費は1100円(税込)。指定席の会員料金は通常価格よりも若干安いので、東京~名古屋を「のぞみ」指定席で1往復するだけで元はとれる。年に2往復以上乗る予定があり、新たなクレジットカードを作るのに制約がないのであれば、入会を考えてもよいのではないだろうか。

年に1回利用するかどうか分からないとか、年会費を払いたくないのであれば、「スマートEX」というサービスもある。こちらはエクスプレス予約の会員価格よりも割引率は低いけれど、すでに所持しているクレジットカードで決済ができ、持っている交通系ICカードで入退場可能なのが便利だ。

いずれにせよ、混雑した窓口に並んで指定券を購入する必要が全くないのがよい。東海道新幹線のみならず、九州新幹線の博多~熊本といった九州内での乗車にも使える。

「エクスプレス予約」や「スマートEX」の方が割高になることも

ただし注意点がある。それは、あくまで新幹線の乗車のみに限定されるチケットであり、新幹線乗車前や乗車後の在来線の運賃は一切含まれない点だ。

紙のきっぷであれば、新幹線指定券とは別に発券される乗車券に、新幹線乗車前後の運賃が含まれている。例えば東京から名古屋に出かける場合、「東京都区内→名古屋市内」という乗車券が発行される。これを利用すると、JR西荻窪駅からJR中央線を利用して東京駅から新幹線に乗車、名古屋駅で下車後、JR中央線(西線)で新守山駅まで乗っても、追加料金は一切不要だ(東京駅、名古屋駅でいったん改札外に出ることは不可)。

一方、「エクスプレス(EX)予約」や「スマートEX」の場合は、上記の中央線(在来線)の運賃は別払いとなる。従って、新幹線料金が若干割引となっても、乗降する駅によっては紙のきっぷを利用する場合に比べてトータルで割高になることもある。新幹線以外はJRを使わない(地下鉄やバス、タクシー利用)のであれば影響はない。

紙のきっぷ(東京都区内→名古屋市内)
乗車券=6380円、新幹線特急券(のぞみ)=4920円、合計=1万1300円
(通常期)

エクスプレス(EX)予約=1万880円(東京駅→名古屋駅)
西荻窪→東京=406円(SuicaなどIC乗車券利用)
名古屋→新守山=250円
合計=1万1536円……紙のきっぷより236円割高!

(閑散期の場合は200円安い1万680円となるので、割高分は36円となり これなら、それほど気にならない人もいるであろう)

JR東日本の新幹線なら「えきねっと」が便利 

えきねっと
「えきねっと」トップページ(部分)
東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線などJR東日本を中心とした新幹線ネットワークなら、「えきねっと」を利用してみたい。こちらも、「新幹線eチケットサービス」(事前にSuicaなどのICカードを登録して乗車する。特急券と乗車券がセットで販売される)を利用する方法と、予約した区間のきっぷを指定席券売機で発券する方法の2種類がある。

株主優待券やシニア向けの大人の休日俱楽部の割引も受けられるので、在来線の特急列車など複雑な乗り換えを必要としない単純な往復(東京~仙台、東京~長野など)にはストレスなく活用できるだろう。
 
ところが、いいことばかりではない。相変わらず窓口を利用せざるを得ない場合が歴然と存在するのだ。
次ページ
みどりの窓口に頼らざるを得ないケースとは
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない