『9ボーダー』第9話 川口春奈×松下洸平、別れの電話シーンに「号泣」「せめてハッピーエンドで」の声

6月14日に放送されたドラマ『9ボーダー』第9話のストーリーをおさらいしつつ、最終回の見どころに迫ります。(画像出典:TBS『9ボーダー』公式Webサイト)

川口春奈さん、木南晴夏さん、畑芽育さんが3姉妹として共演するドラマ『9ボーダー』(TBS系)。6月14日に放送された第9話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに最終回の見どころを紹介します。


>前回(第8話)のあらすじはこちら

9ボーダー
画像出典:TBS『9ボーダー』公式Webサイト

第9話のあらすじ

身元が判明し家族のいる神戸へと帰るコウタロウ(松下洸平)を空港まで追いかけるも、間に合わず会うことができなかった七苗(川口春奈)。夜行バスに飛び乗って神戸へ向かい、コウタロウが副社長を務める不動産会社を訪ねると、婚約者・百合子(大政絢)からそっとしておいてほしいと頭を下げられます。

一方、コウタロウは記憶は戻らないながらも百合子の献身的なサポートを受け、副社長の仕事に復帰。七苗に電話し「落ち着いたら戻る」と伝えるも、七苗は「コウタロウさんもそっちで頑張って」と突き放し、コウタロウからの電話に出ないようになります。百合子との結婚の話も進み、もどかしさを感じるコウタロウ。

六月(木南晴夏)、八海(畑芽育)、陽太(木戸大聖)らに心配されつつも、コウタロウへの思いを誤魔化すかのように、おおば湯の改装準備に没頭する七苗。ついにおおば湯がリニューアルオープンしたある日、40歳の誕生日を迎えた六月は、松嶋(井之脇海)からプロポーズを受けます。

海外で働く夢へと歩む決意をした松嶋からのプロポーズに、どう応えるのか悩む六月。七苗もまた、六月や八海に背中を押され、コウタロウとの恋に決着をつけるべく電話をかけます。コウタロウに会えたから「本当の自分を取り戻せた」と感謝と思いを伝える七苗。コウタロウは元の生活に戻る決心を伝えるのでした。

9ボーダー
画像出典:TBS『9ボーダー』公式Webサイト

七苗とコウタロウの恋はこのまま終わってしまうのか?

コウタロウとの電話を切った後、「どうしよう。大好きだった」と涙をあふれさせる七苗に寄り添い、そっと抱き締める六月と八海。切なさが募る中で姉妹の絆と優しさが染みるラストシーンでした。一方、コウタロウは自身を支えるため仕事を辞めるという百合子に「ちょっと話せる?」と声をかけ、何を語ろうとしているのか気になるところで最終回へ。

X(旧Twitter)では、「最後の七苗の電話で泣けた…いいなぁ、姉妹って」「コウタロウは優しくて情に熱い男だからな、ゆりこさんの粘り勝ちか…」「せめてハッピーエンドであれと切実に願う展開」「切なすぎる」「あまりにもつらすぎて久しぶりにドラマで号泣した」「最終回みんな幸せになって」などのコメントが殺到しています。

リニューアルしたおおば湯の集客に伸び悩み、頭を抱える七苗。さらに再開発計画により、おおば湯を含む商店街が丸ごと立ち退きを要請される事態に。しかもそれはコウタロウが働く会社のプロジェクトで――。

元の生活に戻る決心をしたコウタロウが、愛と感謝を向ける七苗とおおば湯、商店街の人たちのために立ち上がる展開を期待してしまう最終回。モヤモヤと焦りを抱えながらも前に進んできた3姉妹たちの恋の行方、人生の選択に注目です。

『9ボーダー』あらすじバックナンバー

第8話
第7話
第6話
第5話
第4話
 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

次ページ
第10話の予告を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も