高嶋ちさ子、“アメリカ東海岸の旅をしてきた”89歳父とツーショット! 「じっとしてられないのは遺伝だ」

バイオリニストでタレントの高嶋ちさ子さんは5月1日、自身のInstagramを更新。アメリカ東海岸の旅から帰国した父と食事をしている様子を公開しました。(サムネイル画像出典:高嶋ちさ子さん公式Instagramより)

バイオリニストでタレントの高嶋ちさ子さんは5月1日、自身のInstagramを更新。父で音楽ディレクターの高嶋弘之さんと食事をした模様を公開し、「前向きでエネルギッシュでスゴイです」などと称賛の声が寄せられています。

【実際の投稿:高嶋ちさ子、“89歳”父との食事ショット公開】

「じっとしてられないのは遺伝だ」

ちさ子さんは「孫に会いにアメリカ東海岸の旅をしてきた89歳の父が、昨日無事帰国しました」とつづり、3枚の写真を載せています。旅行に出かけていた弘之さんと一緒にレストランらしき場所で食事をしている模様です。2枚目と3枚目では黒いスーツ姿の弘之さんがフォークを使って楽しく食事の時間を過ごしている場面が写っています。ちさ子さんは「今週末は長野県信濃町で講演会だって。じっとしてられないのは遺伝だ」ともつづり、弘之さんの年齢を感じさせない行動範囲の広さに驚いているようです。

コメント欄では、「本当に素晴らしい行動力ですね」「素敵ですね」「元気が何よりですよ」「すごいしか言えないですね」「前向きでエネルギッシュ」と、称賛の声が寄せられています。

「休みの日に休めないのが私の性格」

一方で、ちさ子さんも弘之さんと同様に、仕事や趣味に全力で立ち向かっているようです。4月10日の投稿では、「4月に入りバタバタしてましたが、小休止で海に来ました。休みの日に休めないのが私の性格」とつづり、愛犬や仕事を通じてできた友人と写った9枚の写真を公開。

休みの日もついコンサートの企画を考えてしまうなど、高嶋さんの人生が充実していることが分かります。体調に気を付けて、人生をエンジョイし続けてほしいですね!
 
次ページ
アクティブに行動する高嶋さんの投稿を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応