ヒナタカの雑食系映画論 第89回

見事なバランスに仕上がった『シンデレラ』を筆頭に、ディズニー実写映画の「ポリコレ」について考える

金曜ロードショーで放送される実写映画版『シンデレラ』。理想的なリメイクとしてのバランスが取れていた本作を筆頭に、ディズニーの実写映画8作品から、ネガティブな意味で取り沙汰されやすい「ポリコレ」について考えてみます。(サムネイル画像出典:(C)2015 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.)

7:『ピーター・パン&ウェンディ』は新たな物語の解釈が面白い


2022年の実写映画版『ピーター・パン&ウェンディ』もまた、内容は賛否両論の評価となりましたが、個人的には支持をしています。オリジナル版の物語の流れを踏襲しつつ、ピーターとフック船長の愛憎入り交じる関係性が描かれ、「なぜ2人は仲違いをしたか」の理由を解き明かすとともに、フック船長を「大人になれなかった」悲しい存在として描く、新たな物語の解釈に意義を感じたからです。ウェンディの素質を「現実主義的」にするのも今ならではの価値観のアップデートでしょう。

そして、こちらも配役が批判を呼んでしまいました。妖精ティンカーベルを演じたのが、アフリカ、イラン、インディアン部族のルーツを持つ俳優のヤラ・シャヒディだったからです。しかし、実際に見てみれば、怒った顔も含む表情の愛らしさ、緑のワンピースや結んだ髪形はティンカーベルそのもので、個人的には抵抗なく受け入れることができました。

そのほか、ウェンディ役のエヴァー・アンダーソン(ミラ・ジョヴォヴィッチの娘)、ピーター役のアレクサンダー・モロニー、「ロスト・ボーイズ」の1人を演じたダウン症の俳優であるノア・マシューズ・マトフスキーも、見事にハマっていた、的確なキャスティングだったと思います。

8:『リトル・マーメイド』は圧倒的な画で多様性を示していた


2023年の『リトル・マーメイド』は特に配役が炎上してしまった例として、多くの人に認識されていることでしょう。主人公のアリエルをアフリカ系の歌手であるハリー・ベイリーが演じており、実際に映画を見た人からは伸びやかな歌声や愛らしいキャラクター性を支持する声が多かったものの、それでもオリジナル版とイメージが異なるという反発の声は大きく、日本でも大きな論争を呼びました。

映画の内容としては、オリジナル版から大筋の物語を変えることなく、多様性の素晴らしさを訴えることに成功していると思います。たとえば、アリエルと王子が同じく「収集家」でオタクな面を見せたり、人間の市場でたくさんの商品があることを見せたり、何より圧巻の画が映し出されるラストなど、実写映画ならではのアレンジが生きているのです。ハリー・ベイリーの表情の固さを指摘する意見も多かったですが、個人的には実写ならではの「オーバーにしすぎない」演技として的確だったと思います。

【関連記事】物議の『リトル・マーメイド』がディズニー実写史上“最高傑作”だった理由。作品自体が「批判への回答」に
次ページ
2025年公開予定の『白雪姫』には批判が集まるが……
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性