「なんとも豪華」常盤貴子、仲間由紀恵らとのプライベートショットに反響! 「見惚れるばかり」

常盤貴子さんは4月10日、自身のInstagramを更新。仲間由紀恵さん、高島礼子さん、伍代夏子さんとのプライベートショットが公開され、被災地支援への取り組みに対して称賛の声が寄せられています。(サムネイル画像出典:常盤貴子さん公式Instagramより)

常盤貴子さんは4月10日、自身のInstagramを更新。仲間由紀恵さん、高島礼子さん、伍代夏子さんとのプライベートショットを公開しました。

【実際の投稿:常盤貴子、美人俳優たちとの写真を公開】

「能登を考え続けてくれてありがとう」

常盤さんは「今、私たちにできること…大先輩から色々と教わりました」とつづり、1枚の写真を載せています。常盤さんは1月1日に発生した「令和6年能登半島地震」の復興を支援するため、石川県能登地方へ炊き出し活動に行ったことを報告。写真では、常盤さんをはじめ、伍代さん、高島さん、仲間さんの4人がそろったショットを公開しています。災害に対して何ができるかと真剣に考える、美人俳優たちの優しさが伝わってくる投稿です。

コメント欄では、「炊き出し支援する行動力は素晴らしい」「なんとも豪華」「素晴らしい取組みに感謝」「能登を考え続けてくれてありがとう」「見惚れるばかり」「能登のためにありがとうございます」と、称賛の声が多数上がっています。

震災発生直後から能登地方を心配されていた

常盤さんは1月2日、Instagramにて能登地方を心配する投稿を更新。以降、能登半島地震に関連した発信をInstagramを通じて行っています。3月17~19日の投稿では、能登地方へ向かった際の写真を公開。次はどんな投稿をしてくれるのか、要注目です。
 
次ページ
常盤さんの被災地支援の様子を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応