松本人志、もし敗訴したら過去出演作はどうなる? そもそも「降板」「お蔵入り」に法的義務はあるのか

ダウンタウン・松本人志さんが『週刊文春』の発行元である文藝春秋と同誌編集長を被告として起こした5億5000万円の損害賠償請求等訴訟が始まった。仮に松本さんが敗訴した場合、どのようなことが起こるのだろうか。弁護士に聞いた。(サムネイル画像出典:アフロ)

2024年1月の投稿

2024年3月の投稿

記事に戻る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化