コレコレ、『週刊文春』松本人志記事で証言した女性の虚言暴く。松本側弁護士へ「裁判するなら情報提供します」

配信者のコレコレさんが3月28日にXで「30年前に松本人志から被害にあったという女性(モデル)」を取り上げるか悩むとポスト。反対の声が相次ぐ中、30日にYouTube Liveでこの話題を取り上げました。殺害予告まで受けていたにもかかわらず、それでもコレコレさんがこの話題を取り上げた真意は? そして伝えたいメッセージは?(サムネイル画像出典:コレコレさんXより)

配信者のコレコレさんが3月30日、自身のYouTubeチャンネル「コレコレチャンネル KoreTube」でYouTube Liveを配信。お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さんから30年前に性被害を受けたと申し出た女性との通話内容を公開しました。
 

【実際の動画:コレコレ、生放送で『週刊文春』の記事内容を指摘】

「30年前に松本人志から被害にあったという女性」

松本さんは現在、自身の性的暴行疑惑を報じた『週刊文春』(以下、『文春』)の発行元である文藝春秋などに対し、事実無根として5億5000万円の損害賠償を求める裁判が始まったばかり。そんな中、コレコレさんが28日、自身のX(旧Twitter)で以下のようにポスト。
 

このポストはタイムリーな話題ということもあり、瞬く間に拡散され、コメント欄には「昔すぎて草」「お願いだから関わらないで」「30年前って…証拠なさすぎでは」など、この話題の取り上げに反対する声が殺到。しかし30日、コレコレさんは同ポストのコメント欄に「本日22時30分よりYouTubeLiveで30年前に松本人志から性被害を受けたという女性と通話公開します」と書き込み、配信前から話題を呼んでいました。

今回、コレコレさんが通話した女性は当時、ダウンタウンが出演していた深夜番組『ダンスダンスダンス』(フジテレビ系)のアシスタントとして共演していたというモデル女性で、同ポストに添付されている写真は、同番組をダウンタウンが卒業した際の打ち上げ会場であるディスコで撮影されたものとのこと。写真の日付は1991年2月11日と写っています。
 

その打ち上げで、同席していた山崎邦正(現・月亭方正)さんから「松本さんがすごく気に入ってるから、電話番号教えてほしい」と言われ、嫌々ながらも教えたという女性ですが、「何日か後くらいに」松本さんから連絡があり、渋る女性に松本さんは「ご飯だけだから」と食事に誘ったそうです。

「今後も芸能界で活動したいだろ」と言われて

待ち合わせ場所に行くと山崎邦正さんも一緒にいたものの、トイレに行ったまま戻ることはなく、松本さんと2人で店を出たという女性。松本さんから車で送ると言われ、到着した先は松本さんのマンション前。「降りて」と言われ、「嫌」と拒否をすると「今後も芸能界で活動したいだろみたいな感じで言われて」と、結局、松本さんの自宅へ。その後、松本さんから無理やり性被害を受けたと明かし、翌日に「『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の収録があるから帰ってくれ」とタクシー代も渡されずに帰らされたと告白しました。
 

コレコレさんから「当時、警察に行くという考えは?」の問いに、「私が悪かったって自分を責めるしかなかった」「30年も前になると、そういうことは隠しておきたいっていう気持ちがいっぱいになるので」と答えています。女性はこの話を『文春』にもしたところ、『文春』側から複数のマンション写真を見せられ、どのマンションに連れ込まれたのかと聞かれたそうです。女性が「これ」と指さしたマンションが当時、松本さんが住んでいたマンションであったことや、松本さんは『笑っていいとも!』の曜日レギュラーを務めており、写真にある日付の翌日が出演日だったことなどから、『文春』でこの話題が記事になり世に出たと記事化されるまでの経緯も明かしています。
 

また、『ダンスダンスダンス』の打ち上げ時、松本さんの相方・浜田雅功さんが妻でタレントの小川菜摘さんとの第1子であるハマ・オカモトさんが生まれると連絡があったため、途中退席したとも発言。しかし、ハマさんの誕生日は1991年3月12日と約1カ月の“ズレ”があり、チャット欄ではここを指摘する声が相次ぎました。

次ページ
「なんと、この女性。虚言を吐いています」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化