ヒナタカの雑食系映画論 第82回

『変な家』大ヒットの一方で“賛否両論”の理由と、直近の日本ホラー映画7作品から期待できること

ホラー映画『変な家』が大ヒット記録を更新中です。しかし、その評価は賛否両論。その理由を記しつつ、新たな可能性を探り、そして発見しつつある、2022年以降公開の日本のホラー映画7作品も紹介しましょう。(※(C)2024「変な家」製作委員会)

変な家
(C)2024「変な家」製作委員会 (※画像出典:プレスリリース
ホラー映画『変な家』が大ヒットをしています。公開2週目の金土日の3日間で5億1900万円の興行収入をあげており、これは初週の4億7400万円を上回る成績。公開から10日間で累計15億円を突破しました。

若者を中心に集客し記録を更新中

このままのペースが続けば30億円突破も確実。2020年公開の同じく「家ホラー」の『事故物件 恐い間取り』の23億4000万円はもちろん、1999年公開の『リング2』の推定約40億円の興行収入(『死国』との併映で当時の記録は配給収入の21億円)をも超えるかもしれません。

そんな『変な家』の原作は、YouTube総再生回数が現在1900万回を超える人気動画および、書籍化された小説です。
 
だからこそ、SNS時代の今に「バズる」コンテンツの強さをひしひしと感じます。実際にTikTokをのぞいてみると『変な家』の関連動画は、ほかの映画作品とは桁違いの再生数やいいねの数になっています。

客層はやはり若年層が多く、筆者が見た時も10代から20代のカップルのほか、小学生ごろのお子さんが親と一緒に来ている姿も見かけました。若者へ見事にリーチした、マーケティングで見事に成功した例として、これからの映画の送り手が1つの参考にすることでしょう。

映画は「否定的な感想」が目立つ結果に

しかし、『変な家』の原作動画や小説版は高評価が多数の一方、今回の映画を実際に見た人からの感想は賛否両論、というよりも否定的なものの方が目立つ印象です。

(ホラー映画全般の点数が低くなりがちな傾向があるとはいえ)「映画.com」では2.4点、「Filmarks」では3.1点と、執筆時点ではレビューサイトでの評価も低め。原作ファンからの「期待はずれ」「原作の熱心なファンにはおすすめしない」といった厳しい声や、大人の映画ファンから「若者にはもっといい映画があると教えてあげたい」といった嘆きにも似た言葉も目にしました。

さらに、原作者の雨穴(うけつ)がX(旧Twitter)で、今回の映画の話題について触れていないどころか、「今『雨穴』という名前に関係して巻き起こってることに、私は興味もないし関係もないので心穏やかなものです」と投稿したことも話題に。
 
これは映画ではなく、パロディ動画を投稿しているYouTuberの「終わった人」を指しているという説もありますが、やはり原作者が映画へいい印象を持っていないのではないか、という見方もまた強くなっています。
次ページ
映画としての明らかな難点とは?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示