突然の悲劇、メンバーの事務所移籍も乗り越えて。「SHINee」が常に“トップランナー”でいられる理由

今なお多くのファンを魅了し続けるK-POPグループ「SHINee」。今回はそんな彼らの輝かしくも波瀾(はらん)万丈な過去を振り返りながら、デビュー16年目のSHINeeが常に“今のアーティスト”でいられる理由と強みを探っていきます。※サムネイル写真:アフロ

SMを離れたテミンとオンユ、今後のSHINeeはどうなる?

矢野:SHINeeは絆が強固なグループだと感じますし、SMの大事な柱であることは間違いないと思います。だからこそ意外だったのはテミンさんの事務所移籍発表! しばらく活動を休止していたオンユさんも新事務所へ移籍しましたね。

ゆりこ:SUPERJUNIOR、EXOと同様のニュースが続きますね。グループ活動の継続は明言していますし、その部分については心配していませんが。特にオンユさんの近況があまり伝わってこなかったので、元気そうな姿とメッセージが公開されてホッとしたファンも多かったと思います。

矢野:おふたりの新しい事務所はどんな会社なんですか?

ゆりこ:テミンさんの「Big Planet Madeエンターテインメント」はガールズグループVIVIZや人気YouTube番組『リムジンサービス』でおなじみのソロシンガーイ・ムジンさんなどが所属するアーティスト中心の事務所です。テミンさんと親しいWanna One出身のハ・ソンウンさんもいます。そして、オンユさんの「GRIFFIN エンターテインメント」はオンユさんの同級生かつZICOさんの元マネージャーさんが立ち上げた会社だそうです。

矢野:あのZICOさんの、ですか? BOYNEXTDOORのプロデューサーの。古くからの友人だったら、オンユさんにとって心強い存在でしょうね。オンユさんは体調の問題もあり、自分なりの歩み方を整えたい時期なのかなと思いましたが、テミンさんの移籍は意外でした。最近SM以外でも続く「ソロ活動は別事務所で」という傾向、とても気になる流れです。

ゆりこ:アイドルの働き方改革、キャリアの多様化の結果で、ごく自然な流れだと感じています。日本でも似たようなケースが見受けられますよね。その背景にあるもの、アーティストとファンにとってのメリット、デメリットについてはまた今後お話ししましょう。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始