好きな「アニメ監督」ランキング! 2位「庵野秀明」、1位は?【2000人調査】

STSデジタルとオークファンが共同運営する「アニメのお時間です!」は、20〜60歳以上の男女2412人を対象に「アニメ監督についてのアンケート調査」を実施しました。「アニメ監督」人気ランキングの2位は「庵野秀明」、1位は?

監督
STSデジタルとオークファンが共同運営する「アニメのお時間です!」は、20〜60歳以上の男女2412人を対象に「アニメ監督についてのアンケート調査」を実施しました。調査日は、2月19日です。
 
>8位までのランキング結果を見る

2位:庵野秀明

2位は、庵野秀明さんでした。庵野さんは学生時代より映画やアニメーション制作に関わり、テレビアニメ『超時空要塞マクロス』(TBS系)への参加を経て、上京。スタジオジブリの名作『風の谷のナウシカ』や『火垂るの墓』、ガイナックスの『王立宇宙軍 オネアミスの翼』にも携わりました。

1988年にはOVA『トップをねらえ!』で本格的な監督デビューを飾り、その後『ふしぎの海のナディア』(NHK)を監督。1995年には『新世紀エヴァンゲリオン』(テレビ東京系)を手掛け、社会現象となります。2006年には自身の会社カラーを設立し、新世紀エヴァンゲリオンの劇場版も大成功を収めました。さらに、『シン・ゴジラ』をはじめとする実写映画も手掛けています。

1位:宮崎駿

1位は、宮崎駿さんでした。宮崎さんは学習院大学卒業後、東映動画(現:東映アニメーション)に入社し、『アルプスの少女ハイジ』(フジテレビ系)、『未来少年コナン』(NHK)などのテレビアニメに関わりました。1979年には、『ルパン三世 カリオストロの城』で映画監督デビューを飾ります。

1984年には自らの漫画を原作とした映画『風の谷のナウシカ』を監督し、スタジオジブリ設立に参加しました。『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』など、次々と名作を生み出し、スタジオジブリブランドを確立。近年は2023年に公開された映画『君たちはどう生きるか』を手掛け、『千と千尋の神隠し』(2001年)と同様に米アカデミー賞の長編アニメーション賞を受賞しました。
次ページ
8位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化