世界を知れば日本が見える 第41回

アメリカの「#MeToo」運動が抱える「負の側面」とは? 発足から7年の現状、浮き彫りになる日本の遅れ

2017年にアメリカで発足した「#MeToo」運動。現在のアメリカにおいて、どのように受容され、社会変革をもたらしているのだろうか。また、「#MeToo」運動が抱える負の側面についても考察する。(サムネイル画像出典:Sundry Photography / Shutterstock.com)

出典元: Sundry Photography / Shutterstock.com
画像出典:Sundry Photography / Shutterstock.com
日本では以前ほど耳にしなくなった「#MeToo」運動。もともと2006年にアメリカの女性活動家がオンライン上で使ったことで生まれた#MeTooという言葉だが、2017年に大物映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン氏によるセクハラ事件によって世界中に拡散された。

そもそも、#MeToo運動とは?

#MeToo運動とは、セクシャルハラスメントや性的暴行などの性犯罪に対して立ち上がり、そうした体験を告白して「Me Too(私も被害者だ)」と、拡散させる運動である。さらに性犯罪に対する意識の変化を促す啓蒙活動でもある。
 
当時、日本でも広く報じられたためにご記憶の人も多いだろうが、あれから5年以上が過ぎ、運動自体は落ち着いたかのように見える。とはいえ、アメリカだけでなく日本でも性犯罪の告発などは今もメディアなどで耳にする。
 
そこで3月8日の国際女性デーを前に、アメリカを中心に#MeToo運動の現在地を掘り下げてみたいと思う。#MeToo運動で世界をリードしてきたアメリカは今、どんな状況にあるのだろうか。

アメリカで#MeToo運動はどのように発足したのか

まずアメリカでの#MeToo運動を少し振り返ると、転機となったのは、言うまでもなくワインスタインのケースだった。その余波は、ハリウッドだけでなく、音楽業界や学術界、民間企業、政界などにも広がった。
 
元俳優で歌手のアリッサ・ミラノ、シンガーソングライターのシェリル・クロウらが、#MeTooの顔になり、レディー・ガガらもその運動に賛同して話題になった。音楽業界では、著名なレコード会社幹部や有名プロデューサーといった男性らが性的暴行の疑いで糾弾される事態になり、連日のように報じられた。
次ページ
現在のアメリカ社会における「#Metoo」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化