【連日完売】『横浜市×崎陽軒「もったいない」を見直そう弁当』第3弾が発売! 購入できる店舗はどこ?

崎陽軒は『横浜市×崎陽軒「もったいない」を見直そう弁当3』を2024年2月21日~27日まで販売予定。「シウマイ弁当」などの生産工程で発生した規格外や余剰食材を活用したお弁当です。

『横浜市×崎陽軒「もったいない」を見直そう弁当3』の内容

『横浜市×崎陽軒「もったいない」を見直そう弁当3』は「世の中のもったいない」にも注目
『横浜市×崎陽軒「もったいない」を見直そう弁当3』は「世の中のもったいない」にも注目

白飯(トッピング:鮪と長ねぎの白胡麻和え)……シウマイ弁当で人気の鮪の漬け焼(※1)をアレンジした白胡麻和えは、崎陽軒自慢のごはんとの相性抜群

太刀魚の竜田揚げ 胡麻だれ和え……少量しか取れないため市場に流通しなかった神奈川県産の太刀魚のハラスを竜田揚げに。ごはんに良く合う胡麻だれ和えに

帆立フライ……期間限定で発売した「帆立づくし弁当」で好評だった北海道産帆立のフライ(※2)が再登場

わかめの千切り生姜煮……食感の良いわかめ(※2)やシウマイ弁当の千切り生姜(※3)を活用したさっぱりとした煮物は、箸休めにぴったり

お赤飯(トッピング:胡麻塩)ししとうの素揚げ、大根の漬物(※2)、大学芋(※2)

(※1)生産工程で発生する規格外のサイズや形などの食材
(※2)期間限定製品で使用した食材
(※3)生産工程で発生する余剰食材

崎陽軒の担当者は「崎陽軒や世の中で発生する『もったいない』を活用したお弁当を味わいながら、おいしくSDGsについて考えてみてはいかがでしょうか」とコメントしています。

『横浜市×崎陽軒「もったいない」を見直そう弁当3』概要

期間:2024年2月21日~27日(予定)
価格:税込920円
取り扱い店舗:横浜駅中央店、崎陽軒+DELI、無印良品 港南台バーズ
※当日の生産状況に応じた食材を使用するため各日16:00~販売予定

最初から読む


この記事の執筆者:田辺 紫 プロフィール
神奈川県在住コピーライター。2001年2月より総合情報サイト「All About」で横浜ガイドを務める。2009年4月、第3回かながわ検定 横浜ライセンス1級取得。「横浜ウォッチャー」として、ブログ、SNSを運営。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」