「崎陽軒」の1番好きなお弁当ランキング! 2位「横濱チャーハン」、1位はもちろん……!

All About ニュース編集部は9月5日~19日の期間、全国の10~70代の男女292人を対象に「1番好きな崎陽軒のお弁当」についてのアンケートを実施。ランキングの結果を紹介します。

All About ニュース編集部は9月5日~19日の期間、全国の10~70代の男女292人を対象に「崎陽軒のお弁当」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「1番好きな崎陽軒のお弁当」ランキングの結果を紹介します(画像は崎陽軒提供。価格は2023年9月時点のもの)。


>5位までの全ランキング結果を見る
 

第2位:「横濱チャーハン」

横濱チャーハン(税込690円)
横濱チャーハン(税込690円)

2位は「横濱チャーハン」(税込690円)でした。

「横濱チャーハン」は半世紀以上にわたり愛され続ける隠れた名品。昔ながらのヤキメシの面影が残る懐かしい風味と、パラッとした食感が人気のチャーハンが自慢のお弁当です。

チャーハンには海老とグリーンピースがトッピングされ、おかずは昔ながらのシウマイ(2個)、鶏のチリソース、筍煮、きゅうり漬け。崎陽軒のお弁当の中では手ごろな価格でコスパも評価されているようです。

回答者からは「チャーハンがパラパラでおいしいのが1番の理由です。またエビも入っていて焼売や鶏チリも食べられるのが本当に贅沢な気分になれて幸せです」(神奈川県/20代女性)、「結構ボリュームもあり、何よりチャーハンが美味しいので気に入っています」(東京都/10代女性)、「一番安いから」(山形県/30代女性)という声が上がっています。

第1位:「シウマイ弁当」

シウマイ弁当(税込900円)
シウマイ弁当(税込900円)

1位に輝いたのは「シウマイ弁当」(税込900円)でした。

日本一売れている駅弁といわれる「シウマイ弁当」。崎陽軒の看板商品・シウマイをメインとした横浜の幕の内風弁当として、1954年に誕生しました。

当時は、幕の内弁当の三種の神器とされていた「焼き魚、かまぼこ、玉子焼き」に加え、横浜名物のシウマイ、酒悦(しゅえつ=福神漬けを発明した東京の老舗)の福神漬け、横浜蒲鉾の三名品が入っていました。

現在は、俵型ご飯(小梅、黒胡麻)、昔ながらのシウマイ(5個)、鮪の漬け焼、蒲鉾、鶏の唐揚げ、玉子焼き、筍煮、あんず、切り昆布&千切り生姜という内容になっています。シウマイだけでなく、筍煮など脇役のおかずも根強い人気があります。

回答者からは「やっぱり定番のシウマイ弁当がなんだかんだ言って美味しいし安心する」(兵庫県/30代女性)、「昔からある食べなれた弁当で間違いない」(埼玉県/50代男性)、「付け合わせにある筍の甘辛煮が地味に好きで、ご飯が止まらなくなります」(東京都/20代女性)という声が上がっています。


※回答者コメントは原文ママです

※価格は2023年9月時点のもの


>次ページ:5位までの全ランキング結果を見る


この記事の執筆者:田辺 紫 プロフィール
神奈川県在住コピーライター。2001年2月より総合情報サイト「All About」で横浜ガイドを務める。2009年4月、第3回かながわ検定 横浜ライセンス1級取得。「横浜ウォッチャー」として、ブログ、SNSを運営。
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」