海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン 第24回

飛行機「ペット同伴」に厳しい日本と寛容な海外、何が違う? 元“欧州系”CAが感じる意識の差

年始に発生した日航機炎上事故以降、客室へのペット持ち込みの是非について議論が続いています。過去に欧州系エアラインに乗務していた筆者が感じる、ペット同伴についての日欧の意識差とは?

ヨーロッパの乗り物では乗車中の犬を見かけることも

トラムに乗るわんこ
ヨーロッパの公共交通機関を利用すると、必ずと言っていいほど犬が乗車しています。1両に2~3匹乗っていることも珍しくありません

「SWISS」の場合

SWISS(スイス インターナショナル エアラインズ)は、犬猫のみ可能(出典:SWISS)
SWISS(スイス インターナショナル エアラインズ)は、犬猫のみ、8キロ以内であれば客室への持ち込み可能(出典:SWISS

「エールフランス」も犬・猫限定

エールフランス航空はペット同伴可能(出典:エールフランス航空)
エールフランス航空も8キロ以内の犬・猫のみ客室OK(出典:エールフランス航空
記事に戻る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    R15+指定がされるほどのバイオレンスが「必要」だと思えた最新日本映画5選