海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン 第21回

海外「自動販売機」のワイルドな実態が判明→日本の自販機の“完璧な仕事ぶり”に感謝したい

日本的なものとして外国人観光客にも人気の自動販売機。一方、海外の自販機を調べてみると、驚くべき実態が明らかに!? ヨーロッパ在住の筆者が海外の自販機を国境をまたいでリポート。

お金を自動販売機に投入したら、商品やおつりが出てくるのは当たり前! 日本においては常識かもしれませんが、世界の常識ではありません。ヨーロッパ在住の筆者が海外の自販機事情を国境をまたいで取材してみたら……。

ドイツのとある駅、自動販売機が空っぽ?

ドイツの鉄道駅にあるドリンク&スナック自販機。窃盗目的か左側のガラスは砕かれ、商品の種類も少なめ。右の自販機に至っては空っぽ。(画像:筆者撮影)
【ドイツ】鉄道駅にあるドリンク&スナック自販機。窃盗目的か左側のガラスは砕かれ、商品の種類も少なめ。右の自販機に至っては空っぽ。(画像:筆者撮影。以下同)

ヨーロッパの自販機や精算機をお使いになったことはあるでしょうか?

端的に言うと「原始的で故障寸前」、これに尽きるかも知れません。薄汚れて機能も前世代的、常にトラブルと隣り合わせなものも少なくはない状況です。

ドイツとスイスの国境に並ぶ2台

あああ
【ドイツ・スイス】国境沿いに設置されている券売機。左のドイツ鉄道のものは汚れて色がはげ落ちナンバーキー部分にはクモの巣が。対する右のスイス連邦鉄道のものは清掃とメンテナンスが行き届いている。

裕福かつきちょうめんな国民性のスイスは、さすがに清潔で動作良好な機器が多くなっていますが、筆者が以前住んでいたオーストリアや、隣国のドイツ、フランス、イタリアなど他のEU諸国では自販機が正常に機能したらもうけもの。カードや現金投入時は、もはや賭けに近い心境ともいえます。

イメージしづらい人のために、筆者が経験した自販機トラブルをいくつか紹介しましょう。

・商品が出てこない
自販機にお金を投入したのに商品が出ず、返金ボタンもまったく作動しない。自販機を揺すろうがたたこうがまるで反応がなく、陳情できる相手や連絡先も見つからずに泣き寝入り。

・駐車場から出庫できない
駐車場料金の精算時、駐車券が精算機に飲み込まれたまま出て来なくなった上、投入したお金の返金もなし。無人駐車場のため係員もおらず、出庫できずに立ち往生。

……このようなケースは、頻繁とは言えないまでもヨーロッパに暮らしていると定期的に遭遇するため、自販機類の利用に際してはどうしても慎重にならざるを得ません。そういえば先日訪れたイタリアのガソリンスタンドでも、20ユーロ投入したにもかかわらず、ガソリンが一滴も出ずに涙を飲んだばかりです。メンテナンスの行き届いた日本の機器と細やかなサービスのありがたさがまさに身に染みる瞬間でもあります。

筆者がエアラインに勤めていた頃も、ヨーロッパやその他の空港では壊れた座席やエンタメ機器をなかなか修理してもらえないため、日本の空港到着時に日本人整備士についつい頼ってしまうことが多かったものです。

次ページ
スーパーを見れば一目瞭然の「日本人らしさ」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」