海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン 第21回

海外「自動販売機」のワイルドな実態が判明→日本の自販機の“完璧な仕事ぶり”に感謝したい

日本的なものとして外国人観光客にも人気の自動販売機。一方、海外の自販機を調べてみると、驚くべき実態が明らかに!? ヨーロッパ在住の筆者が海外の自販機を国境をまたいでリポート。

完璧主義の弊害は語学力にも?

外国語の文法もしかり。

日本人は外国語を正確な文法で話そうとするあまり、発言の絶妙なタイミングを逃してしまうことが多いと言われており、実際に筆者にもその経験が何度もあります。

それに対して周囲の他国籍の人々をよく観察していると、たとえ文法が間違っていようと、正しいタイミングで発言できるかどうかを重視しているのが明白ですし、文法が完璧でなくとも相手に通じてしまっています。そして何よりも、そうした瞬発力と発言力のある人物がどうしてもリスペクトを集めがちなのは刮目(かつもく)すべき点でしょう。

先述の野菜や果物にしても、味や外見の完璧さとの引き換えに農薬使用量(※)と価格を結果的に押し上げているという話もあります。

海外に暮らしていると、日本人が生み出す商品やサービスの完璧さを感じることも少なくありません。同時にその代償があることを知っておくと、外国を訪れたときに「不完全なものに満ちあふれた異文化」をまた違った視点で見ることができるようになるのかもしれません。

※参考:国際連合食糧農業機関「図9:農地面積当たりの農薬使用量、上位国 (2020年)

 

この記事の筆者:ライジンガー 真樹

元CAのスイス在住ライター。日本人にとっては不可思議に映る外国人の言動や、海外から見ると実は面白い国ニッポンにフォーカスしたカルチャーショック解説を中心に執筆。All About「オーストリア」ガイド。

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】