1月20日~2月3日の「大寒」は、春以降の金運を決める大事な時期! “運気爆上げフード”も要チェック

2024年1月20日の大寒は、これから訪れる春の運気を高めることができる開運日です。この日はどんな日なのか、大寒に食べるといい開運フードや開運アクションと合わせて紹介します。

大寒にやるといい3つのこと

1.お財布の新調や購入

大寒の初日は、お財布の新調にも最適な日です。

有名風水師のDr.コパさんによると、この日に新しく購入したお財布に、115円を入れておくと、それが「お種銭」になり金運が高まるのだとか。

その金運が高まったお財布を2月4日の立春から、使い始めることで、お金でお財布がパンパンになる「春(張る)財布」になるといいます。

 

2.床の掃除をする

大寒の時期には、運をたくわえるだけでなく、厄落としもしっかりと行うことが大切です。

厄は床に落ちるといわれているので、床の掃除をしっかりしておき、よい運で空間を満たしましょう。

 

3.ゆっくりとお風呂に浸かる

大寒は、1年の中で最も寒い時期。ゆっくりとお風呂に浸かり、体を温めることで代謝もアップします。これは体に付いた厄を落とすことにもつながるおすすめの開運行動です。

 

ぜひ大寒の間に、これから訪れる春に向けて開運の種まきをして、たくさんのラッキーやハッピーを引き寄せましょう。

最初から読む

この記事の執筆者:木村 友奈 プロフィール
モンテッソーリ教育を行う幼稚園での教諭歴4年、保育士歴5年。出産後、フリーライターとして育児・教育・生活情報のほか、趣味の温泉、神社、パワースポットにまつわる記事を執筆。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは