成功、発展力にご利益あり! 辰年に行きたい「龍にまつわる神社」5選【2024年の開運スポット】

2024年は辰年です。辰年に龍とつながりのある神社を参拝することで、龍神様とのご縁がつながり、開運パワーが高まるとされています。今回は、辰年に参拝したい「龍にまつわる神社」を紹介します。

2024年は辰年です。辰(龍)は十二支の中で唯一空想上の生き物で、天に昇る様子から、成功や発展の象徴とされています。また、龍が手に持つ如意宝珠(にょいほうじゅ)という玉が願いをかなえ、最強の幸運をもたらすと伝わることから、干支の中で最も縁起がよいとされています。

今回は、そんな2024年の辰年パワーを後押ししてくれるような、「龍にまつわる神社」を紹介します。

龍にまつわる神社5選
龍にまつわる神社を紹介!

秩父今宮神社(埼玉県)

秩父今宮神社(ちちぶいまみやじんじゃ)は、境内に龍の名が付くパワースポットがたくさんある日本有数の古社です。

ご祭神は、伊邪那岐・伊邪那美(いざなぎ・いざなみ)、須佐之男命(すさのおのみこと)、八大龍王神(はちだいりゅうおうしん)、大国主命(おおくにぬしのみこと)、菅原道真公(天神)など、たくさんの神様が祭られており、縁結びや学業成就、金運、開運など、さまざまなご利益があるといわれています。

境内のほぼ中央には、「龍神木」と呼ばれる樹齢1000年以上あるといわれる県内最大級のケヤキがあり、埼玉県指定天然記念物にもなっています。この木の根元付近には洞木(どうぎ)と呼ばれるいくつもの空洞があり、ハート型のものを見つけられると恋愛が成就するのだとか。

また、武甲山の伏流水が流れる「清龍の滝」はご神徳があるといわれています。この霊水で紙幣のお清めや銭洗いをすれば金運アップも期待できるそうですね。水に浸すと文字が浮かび上がる水占いをすることもできるので、2024年の運気を占ってみるのもおすすめです。

かわいらしい龍のマスコットの中におみくじが入った「龍みくじ」も大人気! 他にも、龍神の仮の姿とされ霊泉が湧き出ている「龍神池」もありなど、龍づくしの開運スポットです。

田無神社(東京都)

新宿線「田無駅」から徒歩6分ほどの場所にある田無神社(たなしじんじゃ)は、鎌倉時代に創建されたという歴史ある古社です。

ご祭神である級津彦命(しなつひこのみこと)と級戸辺命(しなとべのみこと)は尉殿大権現(じょうどのだいごんげん)と呼ばれ、龍神としても知られており、境内のいたる場所で龍を見ることができます。

自然の全ては「水、火、金、木、土」で成り立っているという五行思想にもとづいて「五龍神」が祭られ、5つの龍が願いをかなえるパワースポットとして多くの参拝客が訪れています。

【五龍神のご神徳】
・金龍 運気向上、幸福招来
・赤龍 勝運向上、成績向上
・白龍 金運向上、良縁成就
・青龍 技芸向上、就業成就
・黒龍 健康増進、家内安全

また、本殿、拝殿でみられる見事な龍の彫刻は、江戸時代の名工である嶋村俊表氏によるもので、東京都指定文化財に登録されている貴重なもの。見ても楽しいパワースポットです。

田無神社で大人気なのが、5色のかわいらしい龍の陶器の中におみくじが詰められていているという「五龍神みくじ」。この陶器の龍は持ち帰ることができるので、2024年の縁起物として飾っておくとご利益がありそうですね。

次ページ
龍にまつわる神奈川県の神社
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も