『どうする家康』でハマり役だと思う男性俳優ランキング! 2位「ムロツヨシ」、1位に輝いたのは?

All About ニュース編集部は全国の男女を対象に「『どうする家康』出演俳優」に関するアンケート調査を実施。「『どうする家康』でハマり役だと思う男性俳優」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:『どうする家康』公式Xより)

嵐の松本潤さんが主演を務め、徳川家康役を演じたことで話題を呼んだNHK大河ドラマ『どうする家康』。個性豊かな戦国武将を演じ、ハマり役となった男性俳優といえば誰を思い浮かべますか?

All About ニュース編集部は10月31日~12月11日の期間、全国10~60代の男女192人を対象に「『どうする家康』出演俳優」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「『どうする家康』でハマり役だと思う男性俳優」ランキングを紹介します!

>9位までの全ランキング結果

2位:ムロツヨシ/豊臣秀吉

2位にランクインしたのは、今回が3回目の大河出演となるムロツヨシさんです。2012年放送の『平清盛』では平忠度役を、2017年放送の『おんな城主 直虎』では瀬戸方久役を、そして今回の『どうする家康』では豊臣秀吉役を務めています。

ムロさん演じる木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)は、岡田准一さん演じる織田信長に仕える家臣をしていた時は、野心家で明るく人たらしのキャラクター。これがムロさんそのものとハマり役を絶賛する声が相次ぎました。

しかし回を重ねるごとに秀吉の狂気が浮き彫りとなり、ムロさんの怪演にも拍車がかかります。下衆でサイコパスな秀吉に戦慄する視聴者も多く、まさにムロさんにしか演じられない豊臣秀吉を見せつけました。

回答者からは「すっとぼけながら、ヒール役をいかにも憎たらしく演じるところがすごいなと思います」(50代男性)、「いやらしいところがピッタリです」(60代男性)、「家康の宿敵としての秀吉の嫌な感じがよくでていたから」(40代女性)といったコメントが寄せられています。

1位:岡田准一/織田信長

1位にランクインしたのは、「第六天魔王」の異名を持つ織田信長役を務めた岡田准一さんです。初登場シーンから威圧感のある魔王のような風格を漂わせ、たびたび松本潤さん演じる家康に圧力をかけます。

この信長と家康のゆがんだ関係性を楽しむファンも多く、2人が耳をかじったりほっぺたをつねったりするシーンがSNSでも話題となりました。

また、カリスマ性と孤独が混ざったような表情といった繊細な演技と、迫力や威圧感のあるオーラのコントラストも見事で、唯一無二の存在感を示しています。

回答コメントでは「かつて色んな方が織田信長を演じましたが、誰とも遜色ない信長だったと思います」(50代女性)、「目つきの鋭さ、信長の怖さ恐ろしさが一目で分かる演技で圧倒されました」(30代女性)、「岡田准一の武闘派のイメージが良かったと思う、もっと戦うシーンを見たかった」(50代男性)などの声が集まりました。

※回答コメントは原文ママです

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
次ページ
9位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化