【崎陽軒】お正月に食べたい! 蟹が白飯にたっぷりのった、冬ならではの「松花堂弁当 ~蟹ごはん~」

横浜名物・シウマイでおなじみの崎陽軒は、懐石料理を意識した「松花堂弁当 ~蟹ごはん~」を2023年12月1日から発売。「蟹ごはん」が主役の、冬の味覚満載のお弁当を早速買ってみました。

横浜名物・シウマイでおなじみの崎陽軒は、懐石料理を意識した「松花堂弁当 ~蟹ごはん~」を2023年12月1日から発売。「蟹ごはん」が主役の、冬の味覚満載のお弁当を早速買ってみました(画像は全て筆者撮影)。

冬ならではの味覚が詰まった豪華な「松花堂弁当」

松花堂弁当 ~蟹ごはん~(税込1480円)
松花堂弁当 ~蟹ごはん~(税込1480円)

懐石料理を意識した崎陽軒の「松花堂弁当」。崎陽軒自慢のごはん、こだわりのおかずを詰め合わせ、春夏秋冬それぞれの旬の素材を味わえる、豪華なお弁当です。

価格は、レギュラー販売製品の中で最高額の税込1480円。年末年始に自宅でちょっぴりぜいたくしたい時におすすめです。

白飯の上には蟹のほぐし煮がたっぷり

蟹ごはんが主役!
蟹ごはんが主役!

何といっても、主役は「蟹ごはん」。白飯にカニのほぐし煮がたっぷりのっていて、カニの上品なうま味を感じることができます。

柚子の香真丈(しんじょ)
柚子の香真丈(しんじょ)

そして、柚子の香りを閉じ込めふんわりと仕上げた「柚子の香真丈(しんじょ)」や甘からく煮つけた「牛肉とごぼうのしぐれ煮」など、冬ならではの一品が蟹ごはんの脇を固めます。

牛肉とごぼうのしぐれ煮
牛肉とごぼうのしぐれ煮
次ページ
お正月に食べたい豪華なおかずラインアップ
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化