演技がうまいと思う2010年以降放送の朝ドラヒロインランキング! 2位は安藤サクラ、1位は?

全国の男女261人に聞いた、演技がうまいと思う2010年以降放送の「朝ドラ」ヒロインランキングを発表! 2018年後期放送の『まんぷく』で主演を務めた安藤サクラさんを抑えた1位は? (サムネイル画像出典:Amazon)

まんぷく
2位は『まんぷく』の安藤サクラ(画像出典:Amazon
現在放送中の朝ドラ『ブギウギ』では、趣里さんがヒロインを務め、主人公・福来スズ子(花田鈴子)役を演じるほか、草なぎ剛さん、菊地凛子さん、柳葉敏郎さん、水川あさみさんら実力派俳優が多数出演しています。

All About ニュース編集部は10月3日〜12月5日の間、全国の10〜60代の男女261人を対象に、「2010年以降放送の朝ドラ(NHK連続テレビ小説)」に関するアンケートを実施しました。今回はその結果から、演技がうまいと思う2010年以降放送の朝ドラヒロインランキングを発表します。

>12位までの全ランキング結果を見る

2位:安藤サクラ『まんぷく』2018年後期

2位は、『まんぷく』で主演を務めた安藤サクラさん。さまざまな失敗を乗り越えて「インスタントラーメン」の発明にたどりつく夫婦の成功物語では、長谷川博己さんが演じる立花萬平の妻・今井福子役を演じ、夫の才能を信じて献身的に尽くす姿が視聴者を魅了しました。

回答者からは、「いつも自然体で力が抜けていて、演技なのか地なのか分からないようなつかみどころのなさが好きです。映画界、ドラマ界を引っ張っていく本格派の女優さんだと思います(40代女性/埼玉県)」「良妻賢母のイメージがよかった(40代男性/岩手県)」「安藤さんならではの間や雰囲気があって、物語に深みが出る気がするから(40代女性/静岡県)」「若い時から歳をとるまでの演技に、自然に入り込めたから(30代女性/愛媛県)」などのコメントが寄せられました。

1位:深津絵里『カムカムエヴリバディ』2021年後期

1位は、上白石萌音さん、川栄李奈さんとの3人のヒロインがリレーする異例の構成が話題となった『カムカムエヴリバディ』で、2代目ヒロインを務めた深津絵里さん。当時48歳の深津さんが18歳の大月るい役を違和感なく演じ、るいの素朴なキャラクターが視聴者を魅了しました。

回答者からは、「いるだけそのシーンがふわふわ浮いた感じしなくなり、地に足のついたついたシーンになる演技力と存在感(40代女性/三重県)」「3人のヒロインが描かれる中で2人目として登場されましたが、1人目のヒロインの演技を邪魔しない自然な演技に凄みを感じました(40代女性/香川県)」「物語がガラリと変わる時代の主役を、全く違和感なく演じていて、さすがの演技力と感心したから(30代女性/埼玉県)」「一人で若い女の子からおばあちゃんまで演じたのがすごいと思います。演技が素晴らしすぎて、途中から役の『るい』にしか見えなくなりました。お母さんと再会した時の表情が本当に憑依しているみたいで圧巻でした(30代女性/栃木県)」などのコメントが寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
12位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」