名作だと思う2010年以降放送の「朝ドラ」ランキング! 2位『カムカムエヴリバディ』を抑えた1位は?

全国の男女261人に聞いた、名作だと思う2010年以降放送の「朝ドラ」ランキングを発表! 朝ドラ史上初のトリプル主演が話題を呼んだ、2021年後期放送の『カムカムエヴリバディ』を抑えた1位は? (サムネイル画像出典:Amazon)

カムカムエヴリバディ
2位は『カムカムエヴリバディ』(画像出典:Amazon
『東京ブギウギ』などの名曲で戦後の日本を明るく照らしたスター・笠置シヅ子さんがモデルの朝ドラ『ブギウギ』が現在放送中です。趣里さんがヒロインを務め、主人公・福来スズ子(花田鈴子)の歌や踊りのシーンにも注目が集まっています。

All About ニュース編集部は10月3日〜12月5日の間、全国の10〜60代の男女261人を対象に、「2010年以降放送の朝ドラ(NHK連続テレビ小説)」に関するアンケートを実施しました。今回はその結果から、「名作だと思う2010年以降放送の朝ドラ」ランキングを発表します。    

>13位までの全ランキング結果を見る

2位:『カムカムエヴリバディ』2021年後期

2位は、朝ドラ史上初、上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんのトリプル主演が話題を呼んだ『カムカムエヴリバディ』。昭和、平成、令和の時代を生きる3世代の女性たちが、それぞれの時代で試練に直面しながら、自分らしく生きる姿が描かれています。

回答者からは、「毎日泣いていた(20代男性/北海道)」「3世代を描いた作品で、それぞれに描かれる時代背景の変化、そして時代が変化しても変わらない愛情深さの表現に惹き込まれました(40代女性/香川県)」「様々な時代背景によって主人公が翻弄されるとき、毎日自分も同じように泣いたり、心が乱されたり、和んだり、応援したりできたのが好きだった(40代女性/京都府)」「英語が元々大好きだったが、このドラマの内容が、英語の持つ力や可能性のすごさを、改めて感じさせるような内容になっていて、ますます英語が好きになり、改めて英語を勉強したいと思わせてくれた(30代女性/宮崎県)」などのコメントが寄せられました。

第1位:『あまちゃん』2013年前期

第1位は、人気脚本家・宮藤官九郎さんが初めて手掛けた朝ドラとして注目を集めた『あまちゃん』でした。東北・北三陸の小さな田舎町を舞台に、のん(能年玲奈)さん演じる高校生のヒロイン・天野アキが海女を目指し奮闘します。作中の「じぇじぇじぇ」というフレーズは2013年の流行語大賞にも選ばれました。

回答者からは、「宮藤 官九郎さんのぶっ飛んだシナリオが最高でした。攻めた感じが今までの朝ドラと違う気がします(60代男性/埼玉県)」「震災をテーマに入れていながら暗い話にならず、テーマ曲も歌詞のない印象に残る明るい曲で、前向きになれる朝ドラだった(30代女性/埼玉県)」「岩手を日本中に宣伝できた作品だから(30代男性/岩手県)」「このドラマに元気や勇気をもらった人は多いと思う!(30代女性/愛知県)」などのコメントが寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
13位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊藤純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴