2010年以降放送の「朝ドラ」をきっかけに好きになったヒロインランキング! 1位はのん、2位は?

全国の男女261人に聞いた、2010年以降放送の「朝ドラ」をきっかけに好きになったヒロインランキングを発表! 1位は『あまちゃん』で主演ののん、2位は?(サムネイル画像出典:Amazon)

あまちゃん
1位は『あまちゃん』ののん  (画像出典:Amazon
歌や踊りのシーンも多い、現在放送中の朝ドラ『ブギウギ』では、ヒロインを務める趣里さんの演技力だけでなく、歌唱力の高さにも注目が集まっています。

All About ニュース編集部は10月3日〜12月5日の間、全国の10〜60代の男女261人を対象に、「2010年以降放送の朝ドラ(NHK連続テレビ小説)」に関するアンケートを実施しました。今回はその結果から、2010年以降放送の「朝ドラ」をきっかけに好きになったヒロインランキングを発表します。    

>14位までの全ランキング結果を見る

2位:浜辺美波『らんまん』2023年前期

2位は、『らんまん』のヒロインを務めた浜辺美波さん。主演の神木隆之介さんが演じる植物学者・槙野万太郎の妻・寿恵子役を演じました。2024年1月公開の映画『サイレントラブ』では、山田涼介さんとダブル主演を務め、不慮の事故で目が不自由になり、絶望の淵に立たされる音大生・美夏役を演じます。

回答者からは、「こんな奥様が欲しい(50代男性/大阪府)」「前々から可愛らしい女優さんだなと思っていましたが、らんまんでの和装姿の美しさに魅了されました。儚げでそれでいて芯の強さを感じる将来有望な女優さんだと思います(40代女性/埼玉県)」「以前から知ってはいたが、らんまんでの演技は、里見八犬伝オタクというキャラがハマりとても良かった。外見も美しい(50代女性/茨城県)」「浜辺美波さんを知ってはいましたが、こんなに素敵な俳優さんだとは知らず驚きました。可愛くて綺麗なイメージでしたが、演技も素晴らしく、物語にぐんぐん引き込まれてました。『らんまん』は浜辺美波さんも主役だったように思いました(40代女性/宮城県)」などのコメントが寄せられました。

1位:のん(能年玲奈)『あまちゃん』2013年前期

1位は、『あまちゃん』で主人公のヒロインを演じたのん(能年玲奈)さん。東北・北三陸の田舎町で海女さんを目指す女子高校生・天野アキ役に当時19歳ののんさんが抜てきされ、明るく元気いっぱいの演技で視聴者を魅了し、一躍大ブレークを果たしました。

回答者からは、「まっすぐな瞳、表情、応援したくなります(30代女性/千葉県)」「とにかく目がキラキラしてて表情が魅力的で朝ドラのヒロインにぴったりだった(40代女性/埼玉県)」「岩手訛りをうまく使いこなす演技に関心したから(40代男性/岩手県)」「目がキラキラしていて、引き込まれた。キャラクターもよかった(30代女性/兵庫県)」などのコメントが寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
14位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア ポスト はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」