脚本が良かったと思う2010年以降放送の「朝ドラ」ランキング! 2位『らんまん』を抑えた1位は?

全国の男女261人に聞いた、脚本が良かったと思う2010年以降放送の「朝ドラ」ランキングを発表! 神木隆之介さんと浜辺美波さんが夫婦役で共演した2023年前期放送の『らんまん』を抑えた1位は? (サムネイル画像出典:NHK)

らんまん
2位は『らんまん』(画像出典:NHK
趣里さんが主演を務める、現在放送中の朝ドラ『ブギウギ』では、コメディ要素も多いストーリーや趣里さんの歌唱力の高さに圧倒される歌や踊りのシーンに注目が集まっています。

All About ニュース編集部は10月3日〜12月5日の間、全国の10〜60代の男女261人を対象に、「2010年以降放送の朝ドラ(NHK連続テレビ小説)」に関するアンケートを実施しました。今回はその結果から、「脚本が良かったと思う2010年以降放送の朝ドラ」ランキングを発表します。
    
>17位までの全ランキング結果を見る

2位:『らんまん』2023年前期

2位は、神木隆之介さんが主演、ヒロインを浜辺美波さんが務めた『らんまん』。高知県出身の植物学者・牧野富太郎の人生を描いたオリジナルストーリーは、劇作家としても活躍している長田育恵さんが脚本を手掛けました。

回答者からは、「史実を元にうまいアレンジが加わっていて、主人公の人生の中で起こったことで特に重要だったところをわかりやすく表現されていたから(40代男性/東京都)」「名セリフに泣かされた(50代女性/岡山県)」「伏線が綺麗に回収された(30代女性/山形県)」「15分があっという間に終わる充実した内容を半年続ける構成力がすごいと思った(40代女性/神奈川県)」などのコメントが寄せられました。

1位:『あまちゃん』2013年前期

1位は、のん(能年玲奈)さんが演じる高校生の主人公・天野アキが東北・北三陸を舞台に海女さんを目指し成長する姿を描く『あまちゃん』でした。『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』(TBS系)など数多くの人気作品を生み出した脚本家・宮藤官九郎さんが脚本を手掛けています。

回答者からは、「声を出して笑ってしまうほど面白いシーンが沢山あったからです(30代女性/福井県)」「とにかく面白かった。朝から笑ったり、泣いたりが一番あったドラマだった(40代女性/神奈川県)」「宮藤官九郎の脚本の爆発力を感じました。東日本大震災の悲劇に見舞われながらもたくましく成長していく主人公の姿を軽妙さも交えながら鮮やかに描いた脚本は秀悦だったと思います(40代女性/埼玉県)」「主人公のアキを含む村の住人たちは、複雑で魅力的なキャラクターとして表現され、視聴者は彼らの喜びや苦悩に共感しました(40代男性/岐阜県)」などのコメントが寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
17位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始