12月13日は「巳の日」「大安」「新月」が重なる開運日! 金運アップのために「やるといいこと」は?

2023年12月13日は、2つの吉日と新月が重なるトリプル開運日です。相乗効果でさらなる運気アップが期待できるこの日は、どんな開運パワーがあるのでしょうか。開運アクション、NGアクションとともに紹介します。

12月13日にやらない方がいいこと

金運が高まるこの日は、金運が下がってしまうような「お金がない」などのネガティブな発言や思考は避けましょう。

また、弁財天は女性の神であることから、この日に結婚や入籍をすると弁財天が嫉妬して、運気を下げてしまうともいわれています。

新月のエネルギーの影響から体や心に倦怠感を感じる人もいるかもしれません。疲れがたまっている人は、休息をとってゆったりと過ごし、体と心をリセットしましょう。
 

【やらない方がいいこと】
・ギャンブル
・借金
・ネガティブな発言や思考
・入籍や結婚式
・無理をする

 

2023年も残りわずか。なかなか始められずにいたことがあれば、12月13日の開運パワーに勇気をもらい、その一歩を踏み出してみては?

最初から読む


この記事の執筆者:木村 友奈 プロフィール
モンテッソーリ教育を行う幼稚園での教諭歴4年、保育士歴5年。出産後、フリーライターとして育児・教育・生活情報のほか、趣味の温泉、神社、パワースポットにまつわる記事を執筆。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは