お似合いだと思うアスリート夫&著名人妻ランキング! 3位「ダルビッシュ有&山本聖子」、TOP2は?

All About ニュース編集部は全国の男女を対象に「アスリート夫&著名人妻」に関するアンケート調査を実施。「お似合いだと思うアスリート夫&著名人妻」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:ダルビッシュ有さん公式Instagramより)

世界で活躍する日本人アスリートたちの結婚は、大きな注目を集めるもの。選手たちのお相手は、芸能界で活躍するタレントやアスリート同士など、ビッグカップルが多く誕生しています。

All About ニュース編集部は9月19日~11月6日の期間、全国10~60代の男女305人を対象に「アスリート夫&著名人妻」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「お似合いだと思うアスリート夫&著名人妻」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果を見る

3位:ダルビッシュ有&山本聖子

3位にランクインしたのは、ダルビッシュ有さん&山本聖子さん夫妻です。聖子さんは2015年に有さんと事実婚の状態で第2子となる男児を出産。2016年に入籍を発表しました。

SNSではラブラブなツーショットを披露したり、互いを思いやる発言をしたりと、相手をリスペクトしている様子が伝わります。聖子さんはアスリートファーストとして栄養を重視した食事作りや、登板日の朝に子どもたちを寝室から遠ざける配慮を徹底しているそうです。

回答者からは「二人ともアスリートとして有名でお互いを高め合っている感じがするので、とてもお似合いだと思います」(30代女性)、「二人ともアスリートとして向上心が強く、栄養学などお互いに学び合っていることを以前テレビ番組で見たから」(40代男性)、「お互いにリスペクトしあっているところが尊敬できる」(40代女性)といったコメントが寄せられています。

2位:長友佑都&平愛梨

2位にランクインしたのは、長友佑都さん&平愛梨さん夫妻です。2016年に長友さんの「アモーレ」発言が話題となった交際宣言を経て、2017年1月29日に入籍を報告。

結婚会見で「子どもは11人ほしい」と語っていた2人ですが、現在は4人の子宝に恵まれています。栄養面やメンタル面で長友さんを支え、2022年にカタールで行われたFIFAワールドカップのときも献身的なサポートが話題となりました。

SNSでも家族ショットや夫婦の仲むつまじい姿が見られるので要チェックです。

アンケートの回答では「ふたりとも楽しそうに家庭のこと等をSNSで紹介していて、ギスギス感がないから」(40代女性)、「直感でになりますが、お似合いの顔同士だと思います」(30代男性)、「飛び抜けて明るいところです」(50代女性)などの声が上がりました。

1位:田中将大&里田まい

1位にランクインしたのは、田中将大さん&里田まいさん夫妻です。2人は2012年3月に結婚、2016年に第1子となる長男、2019年に第2子となる長女が誕生しています。

里田さんはアスリートフードマイスターの資格を取得し、食事面や栄養管理をサポートするなど、良妻賢母な姿がたびたび話題に。2023年に11回目の結婚記念日を迎えてもなお、ツーショットやのろけを見せるなど仲むつまじい夫婦です。

回答コメントでは「ブログやネットニュースで仲良しな感じが出ているのがとてもいいと思います」(30代男性)、「どちらもほんわかとしたイメージがあってお似合いだと思ったから」(50代女性)、「海外でも活躍されていたので素敵なご夫婦だと思います」(30代女性)などの声が集まりました。

※回答コメントは原文ママです

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない