横浜駅西口にダイエーが復活! 10月27日オープンの新店「イオンフードスタイル」で見つけたものは……

2023年10月27日、ダイエー横浜西口店跡地に商業施設「CeeU Yokohama(スィーユー ヨコハマ)」が第1期先行オープン。1階に「イオンフードスタイル横浜西口店」が開業しました。

2023年10月27日、ダイエー横浜西口店跡地に誕生した新商業施設「CeeU Yokohama(スィーユー ヨコハマ)」が第1期オープンを迎えました。先行して開業した「イオンフードスタイル横浜西口店」が報道陣に公開されたので紹介します(画像は筆者撮影)。

「おかえりなさい」4年ぶりに再出店

新商業施設「CeeU Yokohama(スィーユー ヨコハマ)」外観
新商業施設「CeeU Yokohama(スィーユー ヨコハマ)」外観

ダイエーが運営する「イオンフードスタイル横浜西口店」は1階にオープン。2019年2月に「ダイエー横浜西口店」が建物の老朽化による建て替えのため営業終了して以来、4年ぶりの再出店となります。

入店時に「おかえりなさい」とスタッフに声をかけるお客さんもいて、前身から約50年、ダイエー横浜西口店が長きにわたり地域に愛されてきたことが伺えました。

新店舗では、20~40代の単身世帯や子育て世帯を中心とした近隣に暮らす方々に、便利で驚きのある店舗を目指す、とのことです。

「地産地消」をテーマとした品ぞろえ

ダイエーが運営する「イオンフードスタイル横浜西口店」が1階にオープン
ダイエーが運営する「イオンフードスタイル横浜西口店」が1階にオープン

イオンフードスタイル横浜西口店」では生鮮食品から季節の花まで「地産地消」をテーマとした商品を意識して取り入れています。

横浜産の野菜を取り扱う「横浜農場」コーナー
横浜産の野菜を取り扱う「横浜農場」コーナー

正面入口を入ってパッと目を引くのが、横浜市内の生産者や市場から届く、新鮮な野菜を集めた「横浜農場」コーナー。小松菜やホウレンソウなど、地元の旬野菜を1年を通して販売します。

横須賀市場や豊洲市場で仕入れた新鮮な魚介類が勢ぞろい
横須賀市場や豊洲市場で仕入れた新鮮な魚介類が勢ぞろい

鮮魚コーナーでは、神奈川県の「三崎のまぐろ」をはじめ、神奈川県産「真あじ」など横須賀市場や豊洲市場で仕入れた新鮮な魚介類を展開。

市場直送のネタを組み合わせた「旬漁にぎり」や三浦半島で獲れた鮮魚を干してうま味成分を最大限に引き出した「焼き魚」など、帰ってすぐに食べられる魚総菜も勢ぞろい。単身者や個食に対応する少量パックも用意し、ニーズに応えます。

エリア一番の広さを誇るフラワーコーナー
エリア1番の広さを誇るフラワーコーナー

エリア1番の広さを誇るフラワーコーナーでも地場産の花や横浜市の花・バラを多く取りそろえるほか、地元でおなじみの横浜ブランドの商品やお酒など、えりすぐりの商品も並びます。

横浜ビールなど横浜のメーカーのお酒も充実
横浜ビールなど横浜のメーカーのお酒も充実

>次ページ:ダイエーならではの商品も
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」