好きな昭和の「美人マドンナ女優」ランキング! 2位は夏目雅子、1位は?

40代以上の男女に聞いた好きな昭和の「美人マドンナ女優」ランキングで2位に選ばれたのは、夏目雅子さんでした。27歳の若さでこの世を去ってしまいましたが、今なお多くのファンを魅了しています。そんな夏目さんを抑えて1位になったのは? ※画像出典:Amazon

夏目雅子
2位は夏目雅子さん(画像出典:Amazon

CMサイトが企画編集するランキングサイト「ランキングー!」は、40代以上の男女8112人を対象に実施したアンケート結果から、好きな昭和の「美人マドンナ女優」ランキングを発表しました。本記事ではその内容を紹介します。アンケートは9月2日に実施しました。

>5位までの全ランキング結果を見る
 

2位:夏目雅子

2位になったのは、夏目雅子さんです。

夏目さんは神奈川県出身で、1957年12月17日生まれ。テレビCM出演などを経て、ドラマ『愛が見えますか…』(日本テレビ系)のオーディションで盲目のヒロイン役に選ばれ、俳優デビューを果たします。

その後1978年に放送された『西遊記』(日本テレビ系)で三蔵法師役を演じるなど数々のドラマや映画に出演し、お茶の間の人気者になりました。透き通るような美しさが魅力的な夏目さんでしたが、白血病を発症し、惜しまれながら27歳の若さでこの世を去っています。
 

1位:吉永小百合

1位になったのは、吉永小百合さんです。

吉永さんは東京都出身で、1945年3月13日生まれ。小学生の時にラジオ東京の連続ラジオドラマ『赤胴鈴之助』でデビューを果たすと、その年にラジオ東京制作のテレビドラマ『赤胴鈴之助』でテレビデビューもしました。

映画デビューは1959年に公開された映画『朝を呼ぶ口笛』。その後、数々のドラマや映画に出演し、その美しさから日本を代表する俳優として、多くのファンから支持されています。吉永さんの熱烈なファンは「サユリスト」と呼ばれています。

※回答者コメントは原文ママです

この記事の筆者:サイトウイサム(ナレッジ・リンクス編集部)

トレンドに敏感なWebライターを自称するフリーランス。ネットサーフィンが趣味で、芸能ネタが大好き。「話題のスイーツは必ず食す!」がモットー。

次ページ
5位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も