かわいさに衝撃を受けた「80年代アイドル」 3位 中森明菜、2位 小泉今日子、1位は?

All About編集部では8月8~15日の期間、10~60代の男女493人を対象に「80年代女性アイドル」に関するアンケート調査を実施。その中から、「可愛さに衝撃を受けた80年代アイドルランキング」を紹介します!(サムネイル出典:プレスリリース)

中森明菜(プレスリリースより)

アイドル黄金期と言われる1980年代。いまと比べて個人で活動する女性アイドルが多く、現在まで歌い継がれるようなヒット曲が数多く生まれました。

そんな80年代アイドルの1人である中森明菜さんは8月30日、デビュー40周年となる2022年に再始動することを発表。また、個人事務所を設立したことも自身のTwitterで明かしています。

All About編集部では8月8~15日の期間、10~60代の男女493人を対象に「80年代女性アイドル」に関するアンケート調査を実施。その中から、「かわいさに衝撃を受けた80年代アイドルランキング」を紹介します!


>22位までのランキング結果

 

第3位:中森明菜(43票)

43票を集めて3位に入ったのは、歌手の中森明菜さんでした。

16歳のときにシングル『スローモーション』でデビュー。その後も『少女A』『飾りじゃないのよ涙は』『DESIRE -情熱-』などのヒット曲を生み出しました。回答者からは、以下のような理由があがりました。

「まだ若いのに、深みのある美しい顔立ちだった。資生堂のCMに起用されないのが不思議だった(40代女性)」

「仕草も話し方も表情も今見ても全てがキュートだった(40代女性)」

「デビュー当時のふっくらしたホッペがとにかく可愛かった。髪形に憧れました(50代女性)」

「デビューしたての時のあどけない少女の雰囲気から色っぽい大人の女性に変化していく様まで魅力的でとても印象的だったから。ふとした表情に目を惹かれたり、くしゃっとした笑顔にはかわいすぎて驚いたから(20代女性)」
 

第2位:小泉今日子(51票)

2位にランクインしたのは、小泉今日子さん。

小泉さんは「キョンキョン」の愛称で人気を博し、歌手や女優として活躍。2022年はデビュー40周年を記念して、実に31年ぶりとなる全国ホールツアーも開催。そんな小泉さんを選んだ回答者からは、「ずば抜けて可愛い笑顔(50代女性)」「とにかくかわいさに衝撃を受けた(40代男性)」のほか、以下のようなコメントが寄せられました。

「見た目だけではなくパフォーマンスも可愛らしいと思ったから(40代男性)」

「顔が小さくて、当時には珍しくショートカットな姿がよく似合っていて、少年っぽさを残す姿が可愛らしく感じました(30代女性)」
 

第1位:松田聖子(74票)

最も多くの票を獲得したのは、松田聖子さん!

デビュー以降、『青い珊瑚礁』『赤いスイートピー』などのヒット曲を次々と生み出した松田さん。「聖子ちゃんカット」と呼ばれるヘアスタイルも一世を風靡しました。松田さんを選んだ回答者からは、以下のようなコメントが集まりました。

「全てが整っている(30代男性)」

「クラスの男の子の大半が好きだったから(60代女性)」

「ずーーーっと可愛い。視線が可愛い。歌もずば抜けているから(40代女性)」

「見たこともない髪形、のちに『ぶりっ子』という言葉がはやった元祖であるしぐさが同性にも衝撃だった(50代女性)」

「最初は歌声でした。その後姿を見たときの衝撃は忘れられません(50代男性)」

「聖子ちゃんカットは一世を風靡いたしました。 私も恥ずかしながら、その当時、聖子ちゃんカットを取り入れたことも。 流行というか、そのヘアースタイルを日本中の女性がこぞって真似をしたという聖子さんの影響力は絶大だったと思います(60代女性)」


※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:22位までのランキング結果


【おすすめ記事】
好きだった「80年代の女性アイドル」ランキング! 3位 小泉今日子、2位 松田聖子、1位は?
「おニャン子クラブ」好きだったメンバーランキング! 3位 渡辺満里奈、2位 工藤静香、1位は?
乃木坂46「1番好きな歴代メンバー」ランキング! 3位 齋藤飛鳥、2位 生田絵梨花、1位は?
歴代AKB48「好きな神セブン」ランキング! 2位「前田敦子」を抑え、1位に輝いたのは?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは