『VIVANT』“経理の原さん” 橋本さとし「堺君と近づきすぎて」。最新舞台では“陽気な町長さん”に

続編を熱望する声がやまない『VIVANT』(TBS)。その前半を盛り上げた1人、“経理の原部長”役の橋本さとしさんにインタビュー!『VIVANT』の思い出や最新舞台『カム フロム アウェイ』について、男の色気について熱く語ってくれました。

橋本さとしさん
舞台にテレビドラマ・映画にナレーションに、と多彩に活躍する橋本さとしさん。Photo: Marino Matsushima
続編を熱望する声がやまないテレビドラマ『VIVANT』(TBS系)。その前半を盛り上げた1人、“経理の原部長”を演じた橋本さとしさんにインタビュー!

『VIVANT』のあのシーンは、実は笑いをこらえながら撮影

2023年最大の話題作といえる『VIVANT』。物語の発端となった誤送金事件の“黒幕”候補の1人で、丸菱商事の“経理の原部長”を演じたのが、舞台出身のベテラン俳優、橋本さとしさんです。
 

黒縁眼鏡をかけ、堺雅人さん演じる主人公・乃木に並々ならぬ“圧”をかけていた橋本さん。劇団☆新感線に在籍していた頃からのエネルギッシュな持ち味に加え、近年は人生の悲哀がにじむ“渋い”演技でも観る者を魅了し、ドラマに舞台にと引っ張りだこです。そんな彼に“まさかこんな展開になるとは思いもしなかった”という『VIVANT』の思い出や、来年春に出演する話題作『カム フロム アウェイ』について、たっぷり語っていただきました。

「僕ら、先の台本は渡されていなかったので、いったいこの話、どうなるのかなと思いながら撮影していました。誤送金の話から始まっていたので、(『半沢直樹』のような)会社内での(パワーゲームの)話なのかなと思って、“こういう上司いるよね”みたいなさじ加減でパワハラ系の部長的キャラクターとして演じたんです。まさかあそこまで話が広がっていくとは、想像もしていませんでしたね。僕に関しては、ふたを開けてみたら、若い女性社員に振り回される部長でした(笑)」
 

と、楽しそうに『VIVANT』を振り返る橋本さん。放映が始まると、周囲からの反響がすさまじく、質問攻めにも遭ったそうです。
 

「黒幕候補に入っていたので、周りから“どうなの?”と。“絶対違うよね”という人と“違う……と見せかけて実は、なんでしょ?”という人、2タイプに分かれました(笑)」
 

乃木に対してびっくりするほど顔を寄せながら“太田さんに近づくな!”と威嚇するシーンでも、強い印象を残しました。
 

「あの辺りは僕がリハーサルで自由にやって、それに対してカメラの位置を決めて下さいました。堺雅人君とは昔からの知り合いで、今回、久々の共演だったのがうれしくて。現場はすごく緊張感があったけれど、堺君のおかげでリラックスすることができたので、思いっきりやってみようと思ったんです。近づきすぎて、実は二人で笑いをこらえながらやっていました(笑)」

>次ページ:福澤克雄監督作品で心がけること
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化