『VIVANT』第3話 松坂桃李、未だ登場せずトレンド入り 「出演回数、松坂桃李<ラクダ」「面白すぎw」の声

7月30日に放送されたドラマ『VIVANT』(TBS系)第3話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『VIVANT』公式サイト)。

堺雅人さん、阿部寛さん、二階堂ふみさんが共演するドラマ『VIVANT』(TBS系)。7月30日に放送された第3話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

VIVANT
画像出典:TBS『VIVANT』公式サイト

 

第3話のあらすじ

バルカ警察から逃れ日本へ脱出するため、“死の砂漠”を横断する乃木(堺雅人)たち。薫(二階堂ふみ)を乗せたラクダから薫の姿が消えていることに気付いた乃木は、野崎(阿部寛)の反対を押し切って薫を探しに戻ります。乗って来たラクダも力尽き、薫を背負って砂漠を歩く乃木。彼もまた力尽きようとしたところを野崎が助けに戻ってきます。
 

一行はついにモンゴルとの国境へ。待ち構えていたバルカ警察に逮捕されそうになりながらも、事前に根回ししておいたモンゴル軍に救われ無事脱出。乃木、薫、野崎の3人は日本へと帰国。乃木は空港から丸菱商事へと連行され、GFL社への誤送金について完全に犯人扱いを受けます。しかし野崎と共同戦線を張り「まずは耐えろ」と言われていた乃木は、犯人候補である丸菱商事社員5人の調査に乗り出ます。
 

一方、野崎は警視庁サイバー犯罪対策課の東条(濱田岳)に協力を依頼し、乃木にも会わせます。乃木の話を聞いた東条は、システム自体が改ざんされた可能性を指摘。しかし丸菱商事のシステムは警察に入る前に東条が作ったもの。データセンター内のサーバールームでコピーしてくれば、改ざん履歴が分かるとのこと。
 

乃木は唯一心許せる同期社員で元情報システム部の山本(迫田孝也)に協力を依頼。幾度も危機を迎えながら、サーバールームへ忍び込んだ乃木はデータのコピーに成功。その情報から、GFL社に送金される際の金額にゼロが1つ増えるようプログラムされていたことが判明。システムを書き換えたパソコンは経理部長の原(橋本さとし)だが本人にはアリバイがあり。監視カメラの映像を辿ると、原のパソコンでシステム改ざんを行った人物が、財務部の太田(飯沼愛)だと判明して――。

 

VIVANT
画像出典:TBS『VIVANT』公式サイト

 

待望の松坂桃李さん今回も出演せず、まさかのトレンド入り

誤送金に加担した人物はテロ組織側なのか、それとも「別班」と呼ばれる自衛隊の影の諜報(ちょうほう)部隊側なのか。一方で疑いが晴れたように思えた乃木も、二重人格の一面を見せたり、サーバールームで警備員に見つかりそうになると床下に逃げ込んで難を逃れるスパイさながらの行為をしてみせたりと、怪しさはふくらむばかり。
 

X(旧Twitter)では、「犯人はまさかの人物だったが、もっとしっかりした黒幕がいそうだな…」「財務部の太田さんが単独で行ったとは思えない。バックについてる人がいる」「専務(小日向さんが)爆死したザイールを『その男は…』と性別特定してる時点で、関与は確定」「山本さんあんなに頑張って協力してくれてるのに素直に信じられなくてごめん。もうどいつもこいつも怪しくて」などのコメントが寄せられています。
 

また、キービジュアルに載り番組CMでも多く姿を見せている松坂桃李さんは未だ登場せず。「ハッカー松坂桃李かと思ったら濱田岳」「本編出るのいつなんいつまで引っ張るん?」「5話目くらいから登場?」「松坂桃李を登場させないことで盛り上げるの面白すぎ。というか役所広司も一回顔見せしただけだから実質メインビジュアルの5人のうち3人しか活躍してない」「出演回数、松坂桃李<ラクダw」「キービジュアルの左端、ドラムかラクダさんにしたほうがという意見が多数を占めるTL(笑)」などのコメントが飛び交い、「松坂桃李」がトレンド入りする事態に。
 

第4話ではついに誤送金事件が完結。真相が明らかになるも、衝撃の展開が待ち受けている模様。いよいよ待望の松坂桃李さん登場となるのでしょうか? 物語の展開もさることながら、まだ姿を現していない豪華キャスト陣がどんな役柄で登場するのか目が離せません。
 

『VIVANT』第4話 8月6日放送予告


 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望