好きな「アラサーの女性俳優」ランキング! 同率3位「福原遥」「広瀬すず」を抑えたTOP2は?

All About ニュース編集部は「アラサー俳優」に関するアンケート調査を実施。「好きなアラサーの女性俳優」ランキングの1位は?(サムネイル画像出典:福原遥さん公式Instagramより)

アラサーの女性俳優は、ドラマや映画で主演やヒロインを演じることの多い世代。キャリアは異なりますが、個性豊かな実力派がそろっています。

All About ニュース編集部は8月25日~9月25日の期間、全国10~60代の男女405人を対象に「アラサー俳優」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「好きなアラサーの女性俳優」ランキングを紹介します!

>19位までの全ランキング結果
 

同率3位:福原遥

同率3位、1人目は福原遥さんです。子役時代に『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』(NHK Eテレ)のまいんちゃん役を務め注目を浴び、雑誌『ピチレモン』(学研プラス)の専属モデルとして活躍しました。

俳優としては2016年にNetflixドラマ『グッドモーニング・コール』で初主演を務めて以降、数々の映画やドラマに出演。2022年にNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』でヒロインを演じ、大ブレークしました。

2023年12月8日からは、水上恒司さんとW主演を務める映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』が公開予定。福原さんは戦時中の日本にタイムスリップした女子高生という、難しい役どころを演じます。

回答コメントでは「子役の頃から変わらず可愛くて性格が良さそう」(40代女性)、「声も顔も可愛い。歳をとっても顔があまり変わらなさそうだから」(20代女性)、「テレビで観ていて癒されるから」(30代女性)などの意見が見られました。

同率3位:広瀬すず

同率3位、2人目は広瀬すずさんです。ファッション誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルを経て、2013年にドラマ『幽かな彼女』(関西テレビ/フジテレビ系)で俳優デビュー。

2016年には大人気漫画『ちはやふる』(講談社)の実写映画化作品で映画単独初主演を飾ると、熱演が評価され『日本アカデミー賞 優秀主演女優賞』に輝きました。

その後もNHK連続テレビ小説の記念すべき100作品目となる『なつぞら』や、王道青春ラブストーリードラマ『夕暮れに、手をつなぐ』(TBS系)など話題作の主演を務めました。2024年には杉咲花さん、清原果耶さんと共に主演を務める映画『片思い世界』が公開予定です。

回答者からは「明るく振る舞っている所に好感が持てるから」(40代男性)、「可愛いだけを売りにしてない感じだから」(30代女性)、「元気な女の子で好感が持てます」(50代女性)といったコメントが寄せられました。
 

同率1位:川口春奈

同率1位、1人目は川口春奈さんです。雑誌『nicola(ニコラ)』(新潮社)の専属モデルを経て、2009年に三井のリハウスの第13代リハウスガールに選ばれCMデビュー。

同年に『東京DOGS』(フジテレビ系)に出演し、ドラマデビューも飾ります。その後もさまざまな作品に出演を重ね、2022年に社会現象を巻き起こしたドラマ『silent』(フジテレビ系)で主演を務め、繊細な演技が話題になりました。

アンケートの回答では「サバサバしていてすごく好き」(20代女性)、「普段の面白さと演技をしている際のギャップに惹き込まれます」(40代女性)、「個性的な容姿の美人で演技も個性的だと思うので」(30代女性)などの声が集まりました。
 

同率1位:今田美桜

同率1位、2人目は今田美桜さんです。16歳の時に地元福岡でスカウトされ芸能界入り、2015年に映画『罪の余白』で俳優デビューを果たしました。

その後「福岡で1番かわいい女の子」のキャッチコピーで注目を集め、2018年に出演したドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)で大ブレーク。

2022年には『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?』(日本テレビ系)で連続ドラマ初主演を飾り、順調に俳優としてのキャリアを積み重ねています。

回答者からは「美人かつスタイルもよく、愛嬌の良さも兼ね備えているから」(20代男性)、「演技力があり見た目が好みだからです」(30代女性)、「出演されてるドラマで興味を持った。後は肌がきれいだなと思ってとても好きです」(30代女性)といったコメントが寄せられています。

※回答コメントは原文ママです

>次ページ:19位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望