東海・としみつ、しばゆーと「会話する事が出来ました」と報告。「応援してくれるみなさんの期待に応えたい」

大騒動へと発展した、東海オンエア・しばゆーさんとあやなんさんのSNS投稿を巡る騒動。10月19日に同グループメンバーのとしみつさんがXで、しばゆーさんと会話ができたとファンへ報告しました。(サムネイル画像出典:としみつさんInstagramより)

東海オンエアのとしみつさんが10月19日、自身のX(旧Twitter)を更新。しばゆーさんに会えたとファンへ報告しました。
 

【実際の投稿:東海・としみつ、しばゆーと会話したことをファンへ報告】
 

「少しでも現状をお知らせしたくて」

としみつさんは、「本日、僕は関係各位の皆の力を借りてではありますが、しばゆーと会って会話する事が出来ました」と明かました。「詳しくお知らせ出来ない事をお許し下さい。心配をしてくれている皆さんに少しでも現状をお知らせしたくての報告となります」とつづり、「もう少し待って下さい。もう少し待ってあげて下さい」と、時間がほしいと頼んでいます。
 

ファンからは、「いち視聴者としては本当に友達助けてあげて欲しい」「まずは6人の関係が良くなりますように」「ちゃんと終結するのを願います」「しばゆーさんが無事ということがわかって良かった」「少しだけほっと出来ました」と、6人の関係修復を願う声や、安堵(あんど)の声が寄せられました。
 

自身のつらさも告白

としみつさんは7日からスタートしたソロライブツアー「SUPER PASSIONISTA」の真っ最中。同日の別投稿では、「僕自身、どんな顔して、どんな想いで歌えば良いんだ?と正直悩んでいる」と吐露しながらも、「心配してくれるみなさんに少しでも前を向く機会になって欲しい 応援してくれるみなさんの期待に応えたい」「ツアーは最後まで頑張りたい」と、前向きな姿勢を見せました。
 



>次ページ:関連投稿なども見る!

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応