東海・てつや、騒動巡り声明発表。あやなんへ決別宣言「もうあなたと会話することは何もありません」

東海オンエアのてつやさんが10月18日、一連の騒動に関して改めて声明を発表。あやなんさん、しばゆーさん、視聴者に向けメッセージを送りました。戦いに終止符は打たれるのか……。(サムネイル画像出典:てつやさんInstagramより)

東海オンエア(以下、東海)のてつやさんが10月18日、自身のX(旧Twitter)を更新。あやなんさん・しばゆーさんとのトラブルについて、声明を発表しました。
 

【実際の投稿:東海・てつや、騒動巡り声明発表】
 

「あやなんが危険人物という認識は変えられない」

てつやさんは投稿で、「あやなんさんへ 家族も世間も巻き込んで離婚だなんだと騒ぎ立て自分の言葉に責任を持たずに手当たり次第に感情を撒き散らす。あなたのことを拒絶しようが受け入れようがいずれこうなった。だから関わりたくなかった」とつづり、「もうあなたと会話することは何もありません」と、あやなんさんが要求していた謝罪には応じない姿勢を見せています。
 

続けて、「しばゆーへ 今までのことを真剣に謝りたい」「しばゆーの気持ちを犠牲にしていることに気づくのが遅すぎた。気づいても見て見ぬふりをしていた。しばゆーの優しさにずっと甘えてた」と謝罪の言葉をつづりました。
 

また、「あやなんが危険人物という認識は変えられない」と自身の思いを述べ、「今から前みたいに戻れるなんて思ってない。もう何もかもぶち壊れてる。世間体なんてどうでもいいってところまで正直来ちゃってる」と現状にも言及。
 

そして「二度と出会えない人生で一番の親友」というしばゆーさんに、「グループのことは気にしなくていい。自由にしてほしい。好きに生きてほしい。許してほしいとも思わない。会話しなくてもいいから俺の言葉を聞いてほしい」「わがまま言ってごめん」と、心からのお願いをしました。
 

「これからたくさん謝らなければならないことがある」

最後に、東海の活動10周年を楽しみにしていた視聴者に向けて「こんなことになってしまい本当にごめんなさい。リーダーとして不甲斐ない」「これからたくさん謝らなければならないことがあると思います」と、今後もしばらくこの騒動は続くであろうと思われる発言と謝罪をしています。
 

その上で、「しばらく何も発信のない不安な時間を過ごさせてしまうかもしれません。それでも僕はしばゆーとメンバーのことを第一に考え全力で動きます。みんなの目に見える場所ではないかもしれないけど大切なメンバーのために全力を尽くすことだけは誓います。僕はメンバーのことが、東海オンエアのことが大好きです。信じて待っていてください」と、締めくくりました。
 

ファンからは、「何とか乗り越えてくれ」「本当に泣きそう」「いつまでも待ってますよ!」「メンバー愛を感じます」「ほんとどうなるんだろ」など、投稿からわずか1時間ほどで5000件を超えるコメントが寄せられています。ここまでの騒動に発展してしまった以上、もうファンたちはてつやさんの言葉を信じて待つしか道はなさそうです。
 



>次ページ:てつやさんのほかの投稿も見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」