子どもの「iPhone」も危険に!? Appleが反対声明を出す「サイドローディング」とは

政府は現在、Appleに対してApp Store以外の他社によるアプリストアも利用できるように義務付ける法案を提出する方向で調整している。なぜ政府が他社のアプリストアを認めさせようとしているのか。

Appleが反対声明を出す「サイドローディング」とは(画像出典:Tada Images / Shutterstock.com)
Appleが反対声明を出す「サイドローディング」とは(画像出典:Tada Images / Shutterstock.com)

国内で10代から圧倒的な支持を得ているスマートフォンといえば、iPhoneだ。MMD研究所が2022年4月、スマートフォンを所有する18~69歳の男女1万人を対象に行った調査によると、10代女性の84.1%、10代男性の70.1%がiPhoneをメインで利用している。

10代は「みんなが持っている」「AirDropが便利」「Appleのブランドイメージがかっこいい」などの理由でiPhoneを持ちたがる。iPhoneで“スマホデビュー”した子どもも多いだろう。
 

>年代別、スマホ利用率を見る
 

iPhoneのアプリは「App Store経由だから安全」だと思われていたが……

親としては、iPhoneの安全性を信頼して我が子に持たせている人も多そうだ。特にアプリについては、Appleに承認されたアプリが提供される「App Store」経由でしかアプリをインストールできないため、ITの知識がない人でも安心して活用できる。

しかし、この安全性を脅かす動きが政府により進められている。

日本政府のデジタル市場競争本部は、Appleに対してApp Store以外の他社によるアプリストアも利用できるように義務付ける法案を、早ければ2024年の通常国会に提出する方向で調整をしている。

なぜ政府が他社のアプリストアを認めさせようとしているのか、それはアメリカや欧州などで巻き起こっている「モバイル・エコシステム」への議論が元となっている。
 

政府が進める「モバイル・エコシステム」とは

スマホやタブレットといったモバイル端末は、「モバイルOS」「ブラウザ・アプリストア」「Webサービス・アプリ」という3つのレイヤーによるエコシステムが存在する。その基盤となるモバイルOSは、iOS(Apple)とAndroid(Google)の寡占状態となっており、他のプラットフォームの参入が難しいとされている。

「レイヤー構造とモバイル・エコシステムの特性」(出典:「モバイル・エコシステムに関する競争評価 最終報告(案)」内閣官房デジタル市場競争本部事務局)
「レイヤー構造とモバイル・エコシステムの特性」(出典:「モバイル・エコシステムに関する競争評価 最終報告(案)」内閣官房デジタル市場競争本部事務局)

この寡占状態を打破することで、各方面から競争圧力が働き、多様な主体によるイノベーションが起きる。また、消費者にとっては選択の機会が確保されるという考えが政府の主張だ。

デジタル市場競争本部は2019年9月の発足以来、何度も議論を重ねてきた。そして、2023年6月16日に「モバイル・エコシステムに関する競争評価 最終報告(案)」が提示された。

最終報告(案)では、アプリストア関係の課題として、iPhoneに「サイドローディング」(App Store以外のアプリストアからダウンロードさせる)を認めるように求めている。Apple以外の事業者がiOSに関するアプリストア事業に参入する機会を失っていることなどを理由に挙げている。セキュリティとプライバシーが確保できている「アプリ代替流通経路」を実効的に利用できるよう義務付ける方針だ。

さらに、アプリストアの手数料についても言及されている。現在、アプリ事業者がApp Storeで有料コンテンツを販売する場合、Appleの決済・課金システムを利用するため、ユーザーが購入した際には30%、もしくは15%(条件あり)の手数料をAppleに支払う必要がある。この点に関しても、アプリ事業者から「高い」という声が挙がっているとし、自社の決済・課金システムの利用を義務付けることを禁止することを提言している。

>次ページ:専門家や一般の人からの反応は

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応