アスリートの育て方 第6回

東大サッカー部の監督を約3年務めて林陵平が感じたこと。指導と子育ての共通点とは?

アスリートが「どう育てられたのか」「どう子どもを育てているのか」を聞く連載【アスリートの育て方】。元Jリーガーで、最近まで東大サッカー部の監督を務めていた林陵平さんは、2人の娘をどのような教育方針の下で育てているのか。「子育て論」を聞いた。

失敗したって成功したって結果はどっちでもいい

では、サッカーの指導と子育てに、共通する部分はあるのだろうか。いわば“先取り”で大学生と接することで、これからの子育てに参考となる点はあるのか。
 
「大学生にまでなったら、人間的にもある程度完成されていますし、今の子育てとはまた違うと思います。ただ、どちらも子どもの意思を尊重してあげることは、すごく大事でしょうね。僕は学生たちを指導する時も、子育てでも、声を荒らげて怒ったことは1度もありません。子どものやることを頭ごなしに否定せず、前向きなトライに対しては、常に『ナイスチャレンジ』と声をかけてあげるようにしています」
 
「失敗したって成功したって、結果はどっちでもいいんです。それをやろうとしたことに意味があるし、その過程を大事にしてあげたい。良いプレーをして負ける試合なんてざらにある。一番ダメなのは100%を出さないで負けることなんです。指導者としても、親としても、大事なのは失敗した時のフォロー。そこから立ち上がろうとする子どもたちを、いかに支えてあげられるかでしょうね」
 
林自身がトップアスリートになれたのも、子どもの意思を尊重し、前向きなチャレンジに寄り添い、支える両親の存在があったからに他ならない。

自分の子どもが将来なれるなら、東大生かトップアスリートか──

 では最後に、究極の質問を投げかけてみる。トップアスリートか東大生か──。自分の子どもが将来なれるとしたら、どちらがいい?
 
「それは東大に入ってほしいですよ(笑)。いや正直、僕自身には子どもをどんな学校に入れたいとか、どんな仕事に就かせたいとかって、まったくないんです。元気で、優しい子に育ってくれれば十分です」
 
それでも、祖母(元女子サッカーの八王子選抜選手)と父のアスリート遺伝子を引き継げば、未来のなでしこジャパンも夢ではないかもしれない。しかし、「お子さんたちにサッカーはやらせない?」と尋ねると、娘を溺愛する父の表情になって、こう即答する。
 
「基本的にはやらせたくないです。自分と同じ苦労をさせたくない……怪我とかもしちゃうし(笑)」


【連載:アスリートの育て方 ーVol.5ー】
文武両道だからこそ意味がある。元Jリーガーで東大サッカー部前監督、林陵平の「考える力」を育んだ両親


<最初から読む


 
林 陵平 プロフィール
1986年9月8日生まれ、東京都八王子市出身。ヴェルディ・アカデミー、明治大学を経て2009年に東京ヴェルディとプロ契約。柏レイソル、モンテディオ山形、水戸ホーリーホック、東京ヴェルディ、町田ゼルビア、ザスパクサツ群馬で大型ストライカーとして活躍し、2020年シーズンを最後に現役を退いた。引退後は解説者に。2021年1月から約3年間、東京大学ア式蹴球部を監督として指導し、2023年10月9日をもって退任した。


吉田 治良 プロフィール
1967年生まれ。法政大学を卒業後、ファッション誌の編集者を経て、『サッカーダイジェスト』編集部へ。2000年から約10年にわたって『ワールドサッカーダイジェスト』の編集長を務める。2017年に独立。現在はフリーのライター/編集者。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化