働き方改革、育休法改正……変化があっても、“子育てしながら働く”人と組織はなぜモヤモヤするのか?

「子育てしながら働くこと」への考え方や在り方はさまざま。正解や答えはありません。ただ、「働く」を取り巻く状況が今刻々と変化していること、個人の変化に伴って組織にも変化が起きていることを知っておいてもいいかもしれません。

個人も、組織も、変革の時期

「ダイバーシティ」「多様性」「インクルージョン」という言葉を、皆さんも聞いたことがあるでしょう。「これまでの社会」にはなかった働き方を創出している組織が増え、今後より一層働く場の中で「多様な人がいる状態」は強まっていくはずです。
 
しかし、新たに働き方を創出し、そのような働き方にトライする人がいる以上、会社組織の中で「これまでと変わらず、今まで通りにやる」ということは難しく、変化は必ず必要になってきます。そして違いが出てきた以上、影響やひずみが起こってくることは想像できます。

例えば、初めて産育休取得を経て働きたい女性が誕生した組織をArrowArrowが支援したケースがあります。そこでは、対象者を含めて今後どのような働き方をしていくことができるだろうかということを皆で考えるような機会を持ちました。

「働き方の違う人がいる」という組織において、仕事を前に進めていくにはどうしたらいいかを考えたり、起こりうるリスクを予想したり、それでも共に働くにあたって大事にしたいことを言い合えたり、そのような「働き方に関する会議」をおこなう必要があるのではないかと、そのとき実感しました。
 
「子育てしながら働く」に正解も答えもないため、個々人の悩みや葛藤・揺れは発生するでしょう。同様に、今は組織側も悩み、迷い、変化への対応に揺れている状態です。

そうなったときに「個人が変わる」ということと「組織が変わる」ということ。そのどちらかだけではなく、その双方の変化が必要だと、さまざまな個人と組織を支援する中で強く感じています。


<最初から読む


この記事の執筆者:海野 千尋
特定非営利活動法人ArrowArrow代表。2013年に団体へジョインし、子育てしながら働く社員と組織の選択肢を創る活動に従事。働き方における企業伴走支援や企業・自治体キャリアデザイン研修講師を担い、自治体協働事業や企業社会貢献事業を通して、新しい働き方のプラットフォームづくりをおこなう。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」